日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日野祭の影で。

近江の国でのいろいろは、まだまだ楽しいことがありますのよ。

滋賀に、母に会いに。 ①ブルーメの丘は花盛り
滋賀に、母に会いに。 ②日野祭は古式ゆかしき

日野祭のときに観光案内所の奥でひっそり“しゃくなげ展”やってた。
c0034595_16261616.jpg
きれい!
小さなところで、鉢が20個くらい並んでいるだけのものだったけど、花は良いよね~。
c0034595_16274432.jpg
こんな薄紫色の石楠花もあるんですね!初めて見たお!
c0034595_16282461.jpg
もう花も終わりかけで元気ない感じでしたが。

そして、商店街をほっつき歩いていると、ショーウインドウに小さな兜を発見。
ガラス越しなので映りがおかしいのは大目に見てちょ。
純銀鯰(なまず)尾の兜。
c0034595_16303697.jpg
このへんの有名人蒲生氏郷公(1556年)の兜のミニチュアレプリカだそうな。しかもこれ、純銀て!
そこには説明書きが添えてあって。
c0034595_16363677.jpg
“蒲生氏郷公は銀の鯰尾の兜を愛用し、いつも自ら敵陣に切り込みました。新参の部下に対し、「我が軍には銀色に輝く鯰尾の兜をかぶって先陣を切って戦う者がいる。この者に負けないように働け。」と言っていたという有名な逸話があります。”
うほー!カッコイイ!ラインハルトさま!ビッテンフェルトさま!

更に歩くと、隣の商店街(?)に。日野ギンザから、しゃくなげ街道になった。
そこの街灯が! かんわいいの!
c0034595_16505450.jpg
しゃくなげ型の傘だよ。
こういう変わった街灯って、面白いね。

桟敷窓体験。
近江日野商人館。
滋賀に、母に会いに。 ③さよならの前に安土城趾
滋賀に、母に会いに。 ~番外篇~
[PR]
by neko-dama | 2009-05-09 16:51 | 猫のお出かけ