日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 2 魔海の冒険』読んだ。

"Percy Jackson and the Olympians Book Two: The Sea of Monsters"

著者:Rick Riordan リック・リオーダン
Miramax Books Hyperion paperbacks for children 2007/4/1発売
パーシー・ジャクソンのシリーズ第2弾。

って、いきなり第2弾からですが。
1作目『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』については、
映画化情報と併せて映画館ブログの方に書きました。
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』予告編第2弾
映画の感想は⇒パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 【現代の ギリシャの神々 何しとう】

さてさて。
タイトルに使ったのは邦訳版の題名。
私が読んだのは原書の方。だって対象年齢9~12歳だっていうから。
ハリポタ同様に、難しい文法や単語を知らなくても大丈夫!
平易な文章なので英語の勉強には良いと思う。

現代アメリカを舞台に繰り広げられるギリシャ神話の神々とその子供達の冒険。
1作目は単純過ぎた感じがあって、子供向けだにゃ~って思ったんだけど。
まあ今回もモンスターの甘い罠にかかるパターンが踏襲されてたりのするのは子供向け。
でも1作目よりずっと面白かったよ!

イアソンのアルゴノートの探検(黄金の羊毛を探求)を下敷きにしたストーリーは親しみがあって楽しい!
他にもゼウスの息子タンタロスの、永遠に飢えと渇きに苦しむエピソードが出てきたり。
目と歯を3人で1つしか持っていない老婆3姉妹グライアイや、
オデュッセウスが出会った特大サイズのキュクロプス―ポリュペモス、
セイレーンやカリュブディス、スキュラ、ヒッポカンプ、ヒュドラなどのモンスターが盛り沢山に出てくるのもわくわくする。
ついでに、ペルセウスに助けられたアンドロメダーが船の舳先に石化した姿で据えられていたり、
魔女キルケーに出会って大変な目に遭うのも面白かった。

ちなみにイアソンは英語でJason、ジェイソンだ!
あとね、人間界でパーシーが通っていた学校の校長先生の名前がMr. Bonsaiでした。
盆栽?なんでだ?
邦訳でどうなってたのかが気になるところです。教えてプリーズ!

友情を深め合っては、別れていく子供達。
神を親に持った孤独感と、親になった神のジレンマ。
パーシーがどんどん成長していくのがわかって、次回作が楽しみになった。
[PR]
by neko-dama | 2009-10-11 18:27 | 猫の図書館/美術館