日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

桜咲く頃。

土曜日:円山の枝垂桜を観にいく旅 最終日 ~京都巡り編~

京都駅で荷物をロッカーへ預け、いざめくるめく都へと。
いやぁ見所盛りだくさんな地ですから、目的を絞り込むのは大変でした。
嵐山だって、宇治だって魅力的!でもそんな時間はないー。
11時ちょい前、京都巡りは始まる。

先ずは伏見稲荷大社へとJR奈良線で2駅移動。
c0034595_0343837.jpg見たかったのは、
千本鳥居

本殿の裏から
稲荷山上まで
約1万本続く
朱塗りの鳥居ロード

である。

1万本なのに、千本鳥居。ミステリーである。

c0034595_035585.jpg日差しの強い暑い日だったけれど、
鳥居ロードを歩くと
涼しい。
山の冷気が
心地よい。

さて、このまま歩き続けて
山頂を
目指しちゃうと
ココだけで
1日かかっちゃう!


途中、願いが叶うかどうかを占うおもかる石なるものを試して凹んだり、
(どうしたって重いじゃんかーバカバカ-)
鳥居ロードの中を車が向こうから走ってきたりと、怪奇現象にあいながらも次の目的地に向かう。

伏見稲荷大社から京阪本線鳥羽街道駅までを散歩して、琵琶湖疏水の眺めを楽しむ。
c0034595_22414764.jpg
といっても、焼きたて煎餅をバリバリ食べこぼしながら歩いたわけですが。風流でしょう。
ところどころに、水辺に桜がたわわに咲き、頭上に桜が咲き誇る。
桜の花が降ってきた。ひらひらと完璧な5枚の花弁のまま。
さては・・・と見上げると、鳥が2羽遊んでいる。桜花を嘴でもいでは、飛び回る。
鳥たちも嬉しそうに春を満喫している。
c0034595_22421533.jpg


13時頃、鳥羽街道駅でランチ。ミックスジュースがやけに美味しかった。
バナナ、桃、オレンジ、パイナップル(!!)だったかしら、美味すぎるので何が入っているのか聞いたのですが、記憶とは当てにあらないものです。

鳥羽街道駅から電車で五条に移動。市比賣神社へ歩く。
女人の味方の神社だ。
小さいながらも優しい雰囲気に包まれた神社で、女人守りを3体いただく。
友人にもご利益がありますように。

お参りのあとは、五条通を歩き、茶わん坂を登りながら
ゆっくりお店をひやかす。
途中、黒猫のペンダントヘッドに一目ぼれしてインパルス的購入。
暑いのでソフトクリームが食べたく、恨めしげにソフト屋さんの行列を眺める。
我慢して、清水寺巡りに進む。
c0034595_037492.jpg

修学旅行で来たときとは、雰囲気が違うように感じながら、ゆったりぐぅるりお散歩。
人ごみがすごい。一斉射撃とかしたくなる。
音羽の滝の水も飲んだ。驚いたのは、長柄のひしゃく置き場が紫外線殺菌装置になってたこと。
現在はこんな清水さんだけど、その昔の自然な姿と周囲の風景に思いを馳せて感慨にふける。
c0034595_0382319.jpg

清水さんを後にし、五条坂を下りつつ念願のソフトクリーム。Pは抹茶&さくらソフト
T子さんは抹茶ソフト
少々道に迷いながらも、なんとか三年坂、二年坂を歩く。原宿竹下通り並みの人ごみに辟易しながら、混んでなければ、さぞ情緒ある小道だろうと妄想する。

高台寺を右手に見ながら、ねねの道を歩き、疲れを覚えた私達は珈琲難民になった。
お茶できる店は満席だったり、怪しげなスナック風だったり、開いてなかったりで彷徨う。
八坂神社前の大通りを歩き、スタバで珈琲ゲトー。京都まで来て、スタバ。
店外のテラス席のとこにある段差に、お行儀悪く座って珈琲を啜る。
ほどなく、テラス席が空く。超ラッキーではないですか!
すかさず移動し、のんびりウォッチング。目の前にカッコいい外人さんが待合せ風。

疲れた足を休め、カフェインを補い、いよいよ八坂神社を通って円山公園に向かう。
最終目的である円山の枝垂桜が、私達を待っているのだ!
夜桜が見たかった私達、ここまで来るのに既に夕方18時である。

八坂神社内は出店が並び、すっかりお祭りだった。
え?こういうものなの?
情緒もへったくれもないやんか!
枝垂桜のおわす手前には、宴会場が設えてあり、酔っ払いが音頭をとっている。
はぁ?と思いつつ、枝垂桜を目指して進む私達2人。
見えてきた!あれだ!
~枝垂桜編へ続く~
[PR]
by neko-dama | 2005-04-16 22:53 | 猫のお出かけ