日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

故障?!

日曜日はネテ曜日。

眠りについたのが朝の7時ころだったため、起床は真昼の12時だった。
最近、夜はどうも寝付けない。何時間でも暗闇でごろごろベッド上で覚醒状態。

起きてみれば、ピーカンナッツなお天気ではあーりませんか!
珍しく、起き抜けから空腹を感じて漬物とご飯でブランチ。

太陽エネルギーがもったいないので、Gパンを洗濯した。
読書・ネットを繰り返し、何週間かぶりにテレビをつけると競馬ニュース。
ごみ捨ても済んだ。

軽~く家の掃除をしてから、お風呂入ったら、
もうそろそろT子さんがヤッテクル約束のお時間。

ふと、ケータイ様を見ると・・・

『故障中』

え!!! 誰に断って故障しちゃってるワケ!!
いつから、アンタ故障中だったのさ!!

焦って、PCからT子さんの携帯にメールを飛ばす。
「ケータイさまが故障してるらしい!連絡は家電話か、PCのアドにメールしてくりょ」

PCに返事が飛んでくる。
「文字化けしてるよ? もう少し遅くなるー」

ん?どこが文字化けちゃったのかな? と思いつつ、PCの方に返信きたからOKでしょ!と思い。
ケータイ様を恐る恐る見る。

『故障中』

う・・・。 とりあいず、だな。充電してみよう。 Pの思考回路、単純です。

しばらく放置。 そしたら、通常の画面に戻っていた。
ほーっ
なんとかケータイ様、誤魔化せたぽい!

そして、しばらくすると、T子さんからケータイ様に電話が。仔犬のワルツが軽快に流れる。

ちゃんと使えるーヨカタ、と思いながらも、
家電話に連絡してくれなかったってことは文字化けは重症だったのかいな。
などと考えていると、T子さん、到着。

T子さんに届いたPからのメールは、読解不能の漢文に変換されていたよ・・・。
あぁ・・・なんにしろ、ケータイ様のご機嫌が治ってくれていて良かったですよ。
でなきゃ、連絡とれない!とかいう事態になってたかもしれません。
家電話の番号なんて、登録してないだろうし。 

しかし、ダイジョウブなんだろうか?このケータイ様は?
原因不明の熱病でしたかね?
[PR]
by neko-dama | 2005-04-25 01:37 | その日暮らし