日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

光のほうへ。

運転手さん、光のほうへ お願いします。

これは、銀色夏生さんの詩の中の一文です。
このフレーズにとても惹かれます。
タクシーに乗って、この台詞を言ってみたい。

強い光と明るい緑の葉。 植物はすべからく太陽に恋をする。
c0034595_07394.jpg
c0034595_071445.jpg

c0034595_09250.jpg
c0034595_094128.jpg

c0034595_01002.jpg


こうして、あなたの傘の下から見る陽の光は、やわらかいね。
c0034595_0102981.jpg


初夏の強い日差しのなか、負けじと燃ゆる紅い葉。
c0034595_012057.jpg


お堂の鮮やかな色彩も、陽を浴びてやわらかくなる。祝福を・・・
c0034595_013630.jpg


お猿さんに必要なのは、食べ物と飲み物と、飼育員さんたちの愛情。勿論、太陽は好き。
少し、暑いけど・・・。
c0034595_0142886.jpg


愛する羊歯植物だって、本当は太陽が好き。少しシャイなだけよ。
こんなに、美しく輝く羊歯を見ると、私は恐竜になった気分。
c0034595_0155644.jpg

[PR]
by neko-dama | 2005-05-24 00:20 | 猫のお出かけ