日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

旨しチーズ。

チーズが好きでたまらない。止まらない。でも薀蓄はよく知らない。知識なんぞなくても、旨ければよいのである。
昨年の春に運命の出会いを果たしたナチュラルチーズ、ゴルゴンゾーラ・マスカルポーネは感動するお味。ブルーチーズが苦手な方にもお勧めの軽い味わいでし。ブルー特有の匂いは控えめに漂い、優しいマスカルポーネに包み込まれたブルーの濃ゆさが味蕾を刺激する。

旨~い!!

でも、このタイプあまり手に入らないので、めっけたら即買い!です。
製品名?は、「アリ・アリ」の他にも「トロンケット」「ゴルゴンゾーラ・クレモーゾ」などとあるようです。
あたしがよく買いに行くのはチーズ王国というところ。ここでも、このタイプのチーズは2ヶ月に1度くらいしか入荷しない。お店の方にお願いして、入荷したら連絡をいただけるコトに。エヘ。

さて、チーズの相方といえばクラッカーでしょう。
少々お高いのですが、このWaterthinsちゅークラッカーは旨いです。
c0034595_21445698.jpg

生地が薄くてパリパリ。香ばしい!チーズを邪魔しないながら、このパリッパリ感が存在感を醸し出すのれす。
オーストラリアの会社が作っていて、どうやら「チーズ王国」の熟成士マダム久田さん(49歳で単身フランスに留学し、日本人初の女性チーズ熟成士(ギルド・デ・フロマージュ)となったすごい方)の会社が輸入しているみたいです。むぅ・・・どうりで、他のお店では見ないと思ったじょ。

そして、もうひとつの必須アイテムといえば、ワインですかね。
チーズに合うかどうかは置いといて・・・と。激安なカリフォルニア・フルーツワイン、Boonesはいかがでしょうか。本当のお酒好きとかワイン通の方には不向きですが、甘くてジュース感覚で低アルコールなので、アルコールが苦手だけど雰囲気だけ楽しみたい人にはもってこいです。ガンガン呑めてしまうので、それなりに酔えます。
フレーバーがいくつもあって、あたしはトロピカルとアップルが好きです。スーパーなんかでよく売っているので(700円くらいだったか)興味を覚えた方は探してみてくださいねー。

それにしても『チーズはどこへ消えた?』は何故ベストセラーになったのだろう?あたしの読後感想は「・・・わかってるって。」
[PR]
by neko-dama | 2005-01-18 23:09 | 猫エサ