日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

猫がいなければ。②

随分、空気が冷たくなってきました。
猫も、寝そべるよりは手足を縮めて体を丸くするようになってきましたね。

江ノ島の猫です。このときは夏でした。

やたら懐っこいけど、抜け毛がすごかった。西部劇のカラカラしたやつみたいに、抜け毛の塊が風に吹かれていた。
c0034595_2034718.jpg







前歯をよく観察できます。
c0034595_2052324.jpg

あたま、ごっちん。「なにをしているのニャ・・・」とクールな黒い子は冷めた態度。
c0034595_2064299.jpg

「・・・。」
c0034595_207927.jpg

「いつも笑顔でいれば、楽しいのニャ。」
c0034595_2075061.jpg

網の向こうの黒猫さん。きれいな目です。
c0034595_209668.jpg

明るい緑を背景に背負った、屋根の上の猫。
c0034595_20102652.jpg

向こうには鳥居が見えます。
c0034595_20111823.jpg

窓から飛び出た猫。道往く人たちを眺めているの?
c0034595_2012382.jpg

「ニンゲンもさ、捨てたもんじゃないよニャ。まぁ、私ら猫には敵わないけどニャ。」
c0034595_20141495.jpg

「じーっとしていると、ほとんどのヒトが気づかないのニャ。」
c0034595_20152654.jpg

何か?とでも言いたげな表情。
c0034595_20162083.jpg

スニーカーに頭をすりすりしてきた。本当に可愛い。あぁ・・・。
c0034595_20173489.jpg

ぐるんぐるん。
c0034595_20182012.jpg

じーーっ。「そんなに見ちゃいやニャん。」
c0034595_201962.jpg

[PR]
by neko-dama | 2006-10-16 20:19 | 猫のお出かけ