日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

手打ち蕎麦。

埼玉県川越に店を構える『鎌倉』という蕎麦屋に行ってきた。
c0034595_225773.jpg1階にはカウンター席があり、2階には座敷がある。座敷と言ってもテーブルが4つあって、座布団はやたら沢山ある小さなお部屋。その日は寒くて、直前まで温かい蕎麦にしようかと迷っていたが、お部屋の暖かさも手伝ってつめたいおろし蕎麦(1050円)を注文した。
はぁ寒い・・・と、お茶を啜ると、むむ美味い。良いお茶を使っているな。おばちゃんによれば、粉茶だという。お茶の美味い蕎麦屋はかなりポイント高い。そして、なんとなく頼んでいたよせ豆腐(370円)が来た。うぉ~!写真を撮ろうなんて考えるスキがないくらい感動モノのお豆腐だったので、お見せできないのが悔まれる。豆腐の上に健康的な卵の黄身がぽよんっと鎮座。濃い黄色で膜の強い、いかにも良品!卵の上には葱がのっている。豆腐を取り巻く醤油は、これも並々ならぬモノ。醤油の味が濃く、またダシやら何やらが合わせてあるっぽい。おばちゃんによれば、その辺で売っている醤油ではないです、とのこと。もう、ここまででもネコ夢中。よせ豆腐を美味しくいただき、さぁいよいよメインのおろし蕎麦が。
ここでも、あたしはすっかり写真撮ろうってのを忘れてしまっていました。あは。
おろし蕎麦は、お蕎麦が見えないまでに薬味が載っていて、大根おろし、のり、葱、鰹節、胡麻・・・と素敵な香りが漂う。蕎麦は、透明感があってコシが強いクセのないお味。麺つゆは濃い目でバランスが良い。

と、隣のテーブルにお客様が。それまでは、あたしと友人の2人しか座敷にいなかったのですが。そして、お隣さんの注文した鴨せいろ(1500円)を横目で見ながら、次回は鴨せいろにしよう・・・などといじましく考え、美味い茶を啜る。
蕎麦湯は、ものすっごい白かった。そのまま飲むと、かなり濃い餅のゆで汁の味がした。いや、皆さんはちゃんとつゆで割ってくださいね。

甘味が食べたかったのだが、胃の小さなあたしには無謀な挑戦なので諦めた。でもメニューはしっかりチェック。堅気な蕎麦屋なのに、なぜかマンゴーシャーベット(でも外の寒さを考えると手が出ない)、定番のそばあべ川、そばぜんざい・・・

かめ山クリーム?

なんじゃあーそりはー??きっと冷たいものに違いない!冷たいものは食べれない!
でもでも知りたい!

友人がおばちゃんに訊いた。おばちゃんによると、ヴァニラアイスに小倉餡がかかっているものだそうな。かめ山クリーム。てっきりソフトクリーム系かと思ってたよ。

川越の『鎌倉』、とてもいいお店でした。そば職人のお兄さんと懐石料理人の弟という、兄弟仲良くやってるところも良い感じです。40代前半かと見受けられ、現在の場所にお店を構えてから10年ほど。まだまだ先が楽しみなお店でもあり、今後たびたび食べに行くことになりそうです。
[PR]
by neko-dama | 2005-01-30 23:55 | 猫エサ