日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

レオ様。

ベストセラーとなった、ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』

宗教絵画が好きなPには、かなり面白い作品でした。
レオナルド・ダ・ヴィンチのミステリアスな人生についても語られており、
陰謀マニアにもたまならない逸品かもしれません。

この本が映画化されるにあたって、主演がトム・ハンクスらしいのですが。
本文中では、「ハリス・ツイードを着たハリソン・フォード」と形容されております。

そうですね、内容的には暗号解読&宗教美術系インディー・ジョーンズですので
著者もソレを意識しておったでしょう。

しかし、寄る年波には勝てず、今やインディアナ博士も還暦を過ぎた御大。
さすがに、若い女性とのロマンス含みな『ダ・ヴィンチ・コード』の象徴学者ラングドンを演じるわけにはいかないでしょう。

トム・ハンクスも悪くないような気がしなくもない。
本があんなに面白かっただけに、映画ではどんな進化を遂げるのかが楽しみなところ。

さて、ダン・ブラウンのラングドン・シリーズは、前作があります。
『天使と悪魔』がそれです。
こちらは更に宗教色が強く、同工異曲でありながらも、それなりに面白いです。

Pは無宗教で、心情的には神道的です。(神は万物に宿る、と思っていますので)
それでも、なぜか宗教的なものに惹かれる傾向がありまして、宗教美術は勿論、
キリスト教やイスラム教の歴史も大好きです。

特に、イスラム教の開祖ムハンマドの人生は波乱万丈でとても興味深いです。
ムハンマドの保護者であったアブー・ターリブという方は、先祖伝来の信仰を捨ててイスラム教に走るほどの度胸はない保守的な方でした。
生涯決してイスラム教を信仰することはなかったけれど、部族から排斥されようとするムハンマドをどんなときも守っていたのです。

どうも本筋よりもわき道のキラリと光る存在に心惹かれてしまうPでした。

『ダ・ヴィンチ・コード』では、アルビノの修道士とその保護者(司教)に興味津々で
カタイレしてました。

こちらはweb上のダ・ヴィンチ・コード・ゲームです。謎解きなんですが、最終的にはアメリカに国際電話をかけるハメになります。英語に自信ある方は、是非お試しあれ。
[PR]
by neko-dama | 2005-02-17 00:41 | 猫の図書館/美術館