日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

珈琲あれこれ。

子供の頃、飲むのを禁止されていたもの。
紅茶と珈琲。
母は、お腹が黒くなるからダメ!って言ってた。
紅茶はたまに飲ませてくれて、そのうち、小学校高学年では普通に飲めるようになった。
珈琲は、いつから飲むようになったのだろう。
小学生の頃は、家にあるクリープの瓶をスプーンでほじって舐めていただけだった。
高校の頃にはもう珈琲中毒になっていたので、中学生あたりから飲み始めたのだろう。
あまり憶えていない。

若いときは味なんてよくわからなかった。
私は牛乳が嫌いなので、珈琲にミルクは入れない。
砂糖だけ、入れる。
この嗜好は珈琲飲みの1割ぐらいと言われている。砂糖だけ、は少数派なのだ。
入れる砂糖の量は、年とともに減っていく。そのうちブラックになるのだろうか。
いや、でも、少しの甘さが、やっぱり好きだ。

そんな、いわゆる"ブラック微糖"好みゆえに、缶コーヒーで嗜好にあうものは見つからない。
微糖って書いてあっても甘いんだよね。
かといって、ブラックだとなんだか変な味がする。缶の、味。
珈琲の味がしない。薄っぺらい味。なんなんだろうな、あれ。
今では、缶コーヒーは珈琲とは別の飲み物と認識している。

外で、自販機で珈琲を買うときは、カップベンディングと決めている。
砂糖だけにできるし、忘れなければ量だって調節できる。
ちょっと前と違って、いろいろ工夫されているものもあって、便利になっている。
大き目のカップを使って、持ち歩くとき零れにくくしてたり。
自動ドアのやつもある。
待ち時間が楽しいやつもある。

ところで、私は珈琲といえばホットしか飲まない。
ガンガン暑い真夏でも、常にほかほか湯気立つホット。
アイスコーヒーというのは、珈琲とはまた別物な気がする。
珈琲として美味しいと思ったことがない。
(でもフローズンとかは好き。あれも既に珈琲ではないわけだが)
この話をしたら、「お前は外人か」と言われたことがある。
「外人」といわれても何人(ナニジン)だ?と思うわけで。
でも確かにアイスコーヒーがこんなに飲まれているのは日本ぐらいなんじゃないか。
シアトル系カフェの普及で、アイスコーヒーやフレーバーコーヒーも勢力を拡大したとはいえ。

ベトナムとか、むんとした地域で飲む珈琲はぬるい。
そんなに熱くする意味はないからだろう。
むんとした熱気の中で熱々の珈琲ってのも鬱陶しいような気がするし。
ベトナム珈琲は、練乳の入ったカップに濃い目の珈琲を注ぐ。
濾す部分が粗いから、カップの底にはたっぷりガラが残る。
あれはやっぱり現地で飲むから美味しいんだろうな。
牛乳は嫌いでも練乳は大好きだから、あれは飲んだ。
でも家で、ああやって飲もうとは、どうも思わない。

気に入りの豆を挽いて、お一人様珈琲セットで淹れた珈琲に、砂糖をサラっと入れて
カチカチ混ぜて。
そして、猫舌なので、少し冷めてから飲む。
熱々の珈琲を目を細めて啜る人に憧れる。

紅茶、珈琲をたくさん飲んで、母の言ったとおりに、今ではすっかりお腹が黒くなった。
[PR]
by neko-dama | 2007-12-06 12:14 | 猫エサ