日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

親指姫。

昨日はお花見に行った。
親指の付け根が痛いまま自転車乗ったり歩きまくった。
うう、痛い!特に自転車で止まるとき、サドルを高めに設定しているせいで
爪先立ちになるのだが、すっごい痛いよ。
悔しいやら情けないやらで、親指が憎い。


土曜の昼ごろ、座椅子に変な座り方をしていて片足だけ痺れた。

そろそろ出かける用意しないと、と立ち上がった。
痺れたほうの足をズルーっと引き摺りつつ奇妙なバランスで歩いた。

でも思ったより痺れ足が体に付いてきてなくって。
一生懸命歩いてるのに、そっちの足首が逆方向に動いてしまい。
足の甲を引き摺るかたちになってしまったので、必死に体勢を立て直そうとした結果、
親指をグキっと捻った。
更に私の全体重が親指の付け根を無理に曲げるのに加勢した。

いったーい!
と半泣きになったところで、部屋には誰も居ない。
その場は我慢して出かける準備して出かけた。

したら、自転車に乗ったら親指に力がかかるとめっさ痛いのなんのって。
時間が経つほどに痛さが増してくる。
帰宅してから、はにぃタンの仰せに従い湿布をはりました。
それでもまぁ一晩寝れば治るだろ、と思ってたら甘かった。

翌朝、新宿御苑に花見に行くためにいろいろ準備し、シャワーしようと湿布剥いだらさ。
真っ赤になって腫れてるの!
見てひいた。

えー、腫れてるw 痛いしw みたいな。

湿布貼って出かけたけどさ。

なんかもう、本当、情けないやら悔しいやらで。
原因が痺れた足を無理やり引き摺って、のったらのったら歩いたせいだなんて。
皆様におかれましては足が痺れたときには無理に歩かず、一時安静に座っていましょう。
[PR]
by neko-dama | 2008-03-31 19:37 | その日暮らし