日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

匠。

夜ご飯は何がよかっぺ?
と思い巡らしてたら、急にMOS モス もす が食べたくなったー!

はい。行って参りました。
c0034595_22184423.jpgそして、ニッポンのバーガー匠味アボカド山葵を注文。880円もする。末広がりで良い数字ですねーとか言ってる場合じゃない。

このポスター、そそるでしょ?和ブームなだけに。

このバーガーは店舗限定・数量限定ということで、徹底した限定マーケティングです。そして高級感・本物志向。まさに、ターゲットの明確なバーガーと言えます。限定モノ・ホンモノが好きな消費者グループは相当数います!しけーもー、MOS好きな客は大抵ホンモノ志向です。

c0034595_22245652.jpgきましたー!!
バーガーにナイフとフォークとティースプーンが添えられていました。そして、別添えの山葵 わさび ワサビがてんこもり。普通のバーガーより断然でかいです。
さすが880円です。これは、本来のバーガー的食し方は、無理でござるな。と最初に諦めて、がぶりつきたいのを堪えてナイフ&フォークで一生懸命食べることにする。

さすると、バンズは引っ剥がさねばなるまい。こう、サンドした状態では、切るのは大変。

c0034595_2232155.jpgえいやー。
アボカドさんこんにちはー。

というわけで、このバーガーは旨かったです!アボカドとビーフパテとワサビのコラボレーションがすごい。ただ・・・、野菜の水気と肉汁でバンズの下の子が、最後のほうヒビチャビチャしてました。そこだけマイナスでしたが。

で、別添えワサビが、これまたやんわりとツンとした京女のような感じで美味しかったです。結構タップリつけても大丈夫でしたー。

さて、このバーガーには、生産者カードが付いてきます。
今日のワサビ生産者は小澤功明さんでした。こんなに旨いワサビをありがとうございます。

ちなみに、このバーガーの薀蓄。
本山葵は、山葵栽培発祥の地静岡県有東木地区を中心とした安倍川水系の清流で育まれた山葵です。ご注文をいただいてから、丁寧にすりおろします。

アボカドは、製造責任者が完熟の食べ頃を吟味し、ひとつひとつ丁寧にお店でスライスします。(当たり前でっせ。先んじてスライスしたら、すーぐ変色しまっせー)

たれは、国産丸大豆、国産小麦、天日塩、伊賀の伏流水を使用。1年以上自然熟成、天然醸造させたしょう油がベースです。

パティは、オーストラリア産、牧草飼育をしたビーフの赤身肉を使用します。にがり塩、粗引き黒胡椒で味付けし、ジューシーに焼き上げます。(ビバ!OZビーフ!)

バンズは、ひとつひとつ手ごねで作ります。歯切れの良さ、塩味が特徴です。甘みを抑えてビーフとの相性を向上させました。(おぉ、手ごね!)

あーしかし。これ、夜の20時ちょい前に行ったら、食べれたんですよ。
限定モノなのに。もしや、売れてないのか?今日はたまたま、運が良かったのか?
[PR]
by neko-dama | 2005-03-01 22:55 | 猫エサ