日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

修行ふたたび、そしてカキ氷。

7月5日、またもや本仁田山に行ってきた。
今度は友人T子さんと二人で。

天気予報で少し雨の心配があったので、短めのコースにしようと思いついたのが本仁田山。
結局はお天気最後までもって、バッチリ暑かったけど。

前回、はにぃタンと来たのは確か2週間前だったのに。
全然記憶がない!!
だから、あとどれくらい?って聞かれても、たぶんマダマダ・・・としか答えられない。
急登を上りきってすぐに、次の急登が目の前に現れるという修行山。

案の定、疲れと暑さで、歩きながら眠くなってくる。
前回の悪夢再び。
二人でひーこら言いながら、ようやく山頂。
やはり、眠い顔。
c0034595_1513615.jpg


なにやら後ろに奇妙な服装の人がいるん。
山頂では若者が10人ほどおってな。
遅れて到着する仲間を待っとった様子。
じゃが、山頂はとても狭い。
他の登山客はおとなしくご飯食べたり、写真撮ったりしてるのに、きゃーきゃーと煩かった。
仕方ないので、さっさと食べてさっさと下山にとりかかったよ。

狭いところで騒がれるのは、まぁ、我慢するけど。
ちょうど↑の写真撮ったところ、
山頂の標識のまん前に大きなレジャーシートを広げて寝始めたので腹が立ちましたよ。
よりによってソコにシート広げるなよ!
写真、先に撮っておいて良かったなぁ、と思ったのでした。

そんなこんなで毒づきながらの帰り道。
標高が下がるにしたがって覿面に暑くなって、朦朧とした。
T子さん、熱中症直前。
やっとこたどり着いた鳩ノ巣駅は、あまりにも何にもないところ。
飲料の自販機が1つあるだけ。
あと飲み屋みたいなお店が2件。
そこでカキ氷を売っていたので、暑さに参っていた私たちは注文したよ。

カキ氷はちゃんとしたカキ氷ではなく、フラッペ。
氷の粒が粗いやつね。
でも冷たさが気持ちよいので嬉しかった。
私はイチゴ、T子さんはメロン。
食べてみると、イチゴシロップがまったく甘くない驚き。

え?

と思って注意深く食べてみたけど、やっぱり甘くないし味が薄すぎる。
そのくせ色だけはマッカッカ。

T子さんにも食べてもらったら、同じ感想。驚く。
メロンはちゃんと甘かった。

今まで食べた中でもっともマズいカキ氷でした。
[PR]
by neko-dama | 2008-07-14 15:15 | 猫のお出かけ