日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー

<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ポンちゃん。

滋賀の田舎のほうに住んでいる母が、昨年の春ごろ言っていた。

「最近ハダカの狸が家に遊びに来るのよ。」

はぁ?
と思ったが、聞いてみると。
毛のない狸が家の周りを時々うろついているのだそうだ。
その狸に『ポンちゃん』と名前をつけて、2階の窓から名前を呼びながら食べ物を放り投げたりしていたらしい。
ポンちゃんは食べ物をくれる人がいることを覚えたのか、たびたび来るようになったのだそうな。

母はポンちゃんの姿を見かけると
「ポーンちゃーん!」
と何度も呼びながら、ハダカ狸の訪問を楽しみにしていたらしい。

話は変わって、こないだ狭山湖あたりをうろうろしてきた。
c0034595_1744555.jpg

大きな車道沿いに歩いていると、
閉鎖された駐車場の前の芝生でひなたぼっこしている獣の一群に出会った。
c0034595_1723458.jpg
みんなこっちを向いている。見えるだけで4頭を確認。
10mも離れていなかったと思うが、こちらに気づいても逃げる気配はない。
少し警戒しているが、しばらくこちらの様子を窺った後、安心したように思い思いに寛ぎ始めた。

はにぃタンいわく。
「なんだあれ!いのしし?」

いや、それはナイから。
たぶん狸。でもって皮膚病なんだね、毛が抜け落ちてる。たぶん疥癬(ヒゼンダニが寄生して痒いので掻き毟っちゃう病気。猫でもあるから知ってた)か何かでしょう。

納得しないはにぃタン。
「狸じゃないよー。顔がシュっとしてる。未知の生物?!」そう言われるとなんだか自信がなくなるが・・・。
ん~確かに狸って顔が横に広がっているイメージがあるなぁ。でもやっぱ狸と思うんだが・・・。
c0034595_17155250.jpg
挙句の果てに写真の個体を見て、はにぃタン。
「チュパカブラ?!」

は?いやいやいやいやいや・・・。
モヒカン具合がオレの中のチュパカブラと同じだ!
とか何とか言ってる。半ば呆れる私。

駐車場のフェンスの向こう側にも2,3頭の獣がいるのが見えたので、近づいてよく見ると。
c0034595_171366.jpg
うん、狸確定。
はにぃタンもようやく納得。
頬毛があるのとないのでは随分印象が違うものだなぁ。

結局その日、狸は8、9頭ぐらい確認した。
その全ての個体がハダカになっていた。疥癬が群れの中でうつっていってるのだろう。

家に帰るとはにぃタンが早速ハダカの狸について調べはじめた。
「やっぱり狸なんだなぁ。」と改めて納得したらしい。
なんでも数年前から日本中の狸の間で疥癬が流行していたらしい。
自然治癒しないから、そのまま痒くて衰弱死してしまうんだそうだ。
この日見かけた狸たちも、全身の毛が抜けていてもう末期症状だとのこと。

・・・日本の狸、絶滅しないの、それ?
とか思いながら、私はポンちゃんの事を思い出していた。
そういえば、夏にふと思い出して母に訊いた。
「ポンちゃんはどうしてる?」

「あー・・・。来なくなっちゃった・・・。どうしてるのかしら?」

そのときは、元気でいると良いね、なんて無邪気に言った私だった。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-31 17:33 | 猫のお出かけ

スイーツの実。

1月25日から拡大販売開始ってことで、
近所のロッテリアに絶品チーズバーガーがやってきた!ヤァ!ヤァ!ヤァ!

高校生のとき、バイトしてた。
豊島園駅前店で。人としてバイトするの初めてだった高1のGW。
あの頃はGWも豊島園は賑わっていて、店内も大変な混雑だったことが懐かしく思い出される。
店内には延々とプリプリのダイヤモンドだね~♪が流れていて、プリプリ嫌いなのに不覚にも覚えたんだった。

当時はロッテシェーキにヨーベルというヨーグルト味のがあって、相当好きだった。
あればっかり飲んでた。旨かったのに、今はもうない。
あ、あとファンタ・アップルも大好きだった。今はもうない。
あとチキンコンボに付いてるパンが美味しかった。チキコンは値段も安かったし(360円?)美味しかったのに、今はもうない。いや、形を変えて存在する。
でもあんなの私の知ってるチキコンじゃないやい。

と、昔を懐かしむ懐古趣味。

で、絶品チーズバーガー。360円。
c0034595_1049786.jpg
ナチュラルチーズも肉も脂っぽくて旨い。
双方の油が絡まって、もう油。
チーズの旨さは晴れがましいんだけど。
確かにレタスはいらないんだけど、オニオンスライスをトッピングしてください!是非とも!
そうしたら私は東南の風を起こしてくる!

同じ値段で昔のチキンコンボ買えるなぁーと思うとどうしても高いような。
しかしまぁナチュラルチーズはやっぱり旨いね。ファーストフードのチーズはすごい不味い変なチーズばっかりだもんね。

絶品買ったら絶品クラブの会員カードをもらった。
そこに描かれていた熊(オトクマと名づけよう)、が可愛かったよ。
c0034595_10563971.jpg
Kが邪魔なのね?邪魔なのね?

ロッテリアの感覚は面白い。
スイーツの実って商品ポスターに「中はうっとり」って書いてあった。
そこは、しっとりとかもっちりとか書くべきところ。
うっとり、は初めて聞いた。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-30 10:59 | 猫エサ

連敗につぐ連敗。

負け続けーてーる 悲しいっギャンブラー♪

この歌を知ってる人がどれだけいるんだかってのは置いといて。

今日で終映の『マリア』
観たかったよぅ。
ここのとこの寒さに負け続けた結果、見逃すことに。

映画料金て高いよね。
以前はワーナーに行っていたからレイトショー割引で1200円、水曜レディースデーで1000円で観てた。
それ以外の普通の日にもカード割引があっていつでもMAX1500円で観れた。
1500円が限界値っていうかそれ以上出したくない気持ち。

今の行き付けは水曜レディースデーはあるし、レイトショーは土曜1200円、それ以外は1000円で良いんだけど。
普段の割引がない。緊急時にはこれは不便だなぁと実感したよ。
平日ファーストショー割引(1300円)ってのもあるんだけど、午前中上映作品に限られるし。

今週の水曜は東京が雪に見舞われた日でして、とてもそんな中を大きな橋を自転車でエッチラホッチラ行くのは辛いなぁーなんて考えて引き篭もってたわけで。
今日はしっかり晴れたし、ファーストショーに行けば良かったんだけど、そのつもりだったんだけど、血圧が低すぎた。

低血圧が12月あたりから体感できるようになった。
家で測ってるわけじゃないんだけど、立ち上がると体のバランスがとれずに左方向に傾いてクルクルする。クルクルしてクラクラして歩けないどころか立っていられない。
んでも動いてれば収まってくるから、たいしたことないんだけどね。

まぁそんなイロイロで、『マリア』観るには夕方にある最終回を1800円で観るしかないわけだ。
う~ん・・・。
カード割引があればなぁ!たった300円なんだけどモチベーションが全然違ってくる不思議。

怠惰な私にも優しい料金体系が望まれるよ。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-25 15:27 | その日暮らし

mom never dies.

バイオハザード的なゾンビ状況。
場所はデパート。
私は感染した母と2人でエレベーターの中にいる。

やばい。
母の目つきが変化してきた。
ここは完全にゾンビ化する前に殺さなきゃ。
私は泣きながら母の額に弾を撃ち込む。
至近距離。
倒れる母。

すると、むくりと母は起き上がった。
その様子は普段と変わらぬニコニコ笑顔。
額の弾痕だけが似つかわしくない。違和感。
エレベーターが下の階につき、ポーンと音をたてる。

「なんだかお腹すいたわ~。マックでも行きましょうよ!」

陽気に提案する母。
呆気にとられて私はただ頷く。
こいつは死なないのか?しばらくしたら死ぬのかな?

マックに着くと仲間がバーガーを食べていた。
母のことを小声で伝え、ここは危ないから離れているように言う。
仲間がその場を離れるのを確認し、母のほうに向き直る。
額の弾痕と、ニコニコ笑顔。
私は不安と猜疑心でいっぱいになりながらも、精一杯平静を装い注文を済ませて席に着く。
母と向かい合い、一緒にバーガーを頬張る。
肉が食べられない母は相変わらずフィレオフィッシュだ。

「おいしいわね~。マックなんて久しぶりよ~!たまには良いわね。」

はぁ、と相槌を打ちながら注意深く様子を伺う。
いたって普段どおりの母だ。勿論額の弾痕以外は、だが。
私は、いつ死ぬのか、と待ち構えながら警戒しつつチーズバーガーを平らげた。

マックを出て薄暗い道を二人並んで歩く。
いったいどうなっているのだ!
死なない!
横をニコニコと歩く母の顔を覗き込むと、額にあったはずの弾痕がきれいに消えていた。

!!

驚いて叫ぶ私。
「なんで?!消えてる!!」

母は首だけこちらを向き、悟ったような顔で言った。

「エウレカ。」

そして静かに微笑む。
あ・・・。
そうか、エウレカに触れたおかげなのか。
ゾンビウイルスにも打ち勝ち、銃弾で傷ついた組織をも復活させる。
すごい。
母はもう、死なないのだ。

私たちは暗い道を静かに微笑みながら歩き続けた。



・・・という夢を見た。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-24 13:54 | その日暮らし

氷。

東京は雪が降ったのらしい。
あぁ寒い。
水曜だから映画観に行くつもりだったんだけど、朝から雨(雪だったのかなぁ)だったので中止。

少しは積もって欲しいのだが、びちゃびちゃするだけだね。
ベランダに雪が積もったら、猫と遊ぼうと思っている。

ところで、12月に御嶽山行ったとき、晴れ続きだったにもかかわらず見れたもの。
c0034595_16571741.jpg
氷の花。
冬にここらで見られる現象で、でも晴天が3日続くと解けてしまって見られないんだそうな。
思いっきり晴れ続きだったから、見れないものと諦めていたら発見できた。
小さいけど。嬉しい。くねくねと美しいカーブを描く薄氷。
草の根元に丸まって繭のようになっている。不思議だ。
c0034595_1701748.jpg
友人T子さんに見せると大変面白がってくれて、2人で大騒ぎ。
あたりにもっと大きな氷の花はないかと探すと。
c0034595_1721126.jpg
群生していた。

あまりにも美しい自然の造形。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-23 17:03 | 猫のお出かけ

神話の楽しみ方。

世に語り継がれる神話の類は、その荒唐無稽さから子供向けと認識されることがある。
私はそうは思わない派所属。
というか、子供に話し聞かせて良いのか、と折々に疑問にすら思う。
なぜって、アレらは残酷で独善的で排他的で不条理な物語だから。

ギリシャ・ローマ神話の神々は人間を適当に弄び、
気に入った人間は星座にするなり、手元にしばらく置くなりして楽しむ。
気に入らない人間には「お前ら14へ行け」と死刑宣告。

ディオニソス(バッカス)なんてかなり酷い。
テーバイの王ペンテウスがディオニソス信仰を排斥した仕返しに、
自らの崇拝者であるペンテウスの母親を信仰の熱に狂わせ、息子の首をとらせた。
(ちなみに実はディオニソスとペンテウスは従兄弟だったりする)
ディオニソスとしては「私は神なのに、お前ら人間が馬鹿にしくさった!敬え!」
ってことらしい。

こええ。

っていうか、あんまり不条理。
ディオニソス信仰は、半裸で酒を飲みながら町を練り歩き歌い踊るという自由な校風で知られています。
この神様は、神々のなかでも奔放というのか本能に忠実というのか、つまりは「自然」を体現しているわけだ。
この神罰物語の主旨は『自然を敬え』ってことであり、自然(じねん)に生きる歓喜を排斥することの(人間の)傲慢さを戒めているものと思われる。

でも、そういう理解に及ぶまでには、その神の誕生や立場や特性・性格から、何を象徴する神なのかを導いていなければ難しいだろう。
神話を表面的に理解するのは容易いが、そこに隠された何かを発見するのは子供では難しい。
と、思う。
ただ、神々そのものが『自然』であることは理解できようから、それだけで良いのかもれない。
(ディオニソスはかなり分かりやすい例として引き合いに出したよ)

子供時代には神話の表層、情景的部分を楽しみ、
自分を取り巻く自然環境の圧倒的で気まぐれな猛威に漠然と感ずる。
子供にとっての神話は別世界、異次元であり、直接に私たちの世界と繋がってはいないのではないだろうか。

大人(どこからが大人なのかは置いといて)が神話を捉えるとき、そこは私たちの世界と陸続きだ。
神話世界の事象が私たちの世界の何に対応しているのかを読み取り、人間の不完全さを受け入れ愛することを改めて学ぶ。
この世界の在り方に身を委ね たゆたう他にはどうしようもないと嚥下し、人間のちっぽけさと懸命さを愛しまずにはいられない。
神話は、自然(宇宙)に包まれて、謙虚に必死に生きることのリマインドとなる。
大人は、神話に包み込まれた真実を感じ取ることができる。
神話世界と私たちの世界は同じ地平にあることに気づく。

それに何と言っても、現実の世界は神話と同じように、充分に残酷で独善的で排他的で不条理なのだから。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-22 16:11 | 猫的哲学

生命とはなにか。

『生物と無生物のあいだ』福岡伸一

書評テレビ番組で見て読みたくなった1冊。
もっと踏み込んだものを期待していたのだが、その意味ではガッカリ。
全体として生命礼賛、ヒトが触れてはいけない領域もあるよねという戒め的な軸がある。
簡単に言えば、文才の有る科学者が書いた、分子生物学的な生命の存在論。
前半は人類がどうやってDNAを発見(認識)したか。
後半は生命とは何かを探る試み、と言って良いのかな。

細胞生物学に馴染みのない方々には、きっと新鮮で面白く感じるであろう。
少し齧っている私には物足りなさが残った。
というか、初歩的なことを誰にでも理解しやすく書いているから、しつこく感じた。
同じことを何度も繰り返しているのも邪魔に感じた。
逆に言えば、細胞だの分子だのを知らない人向けに書かれたもので、「難しそう」と敬遠する方々には手にとっていただきたい逸品。

この本の核心は第9章に集約されている。
他の章はオマケみたいなものだ。
なまじ文才があるばかりに、冗長な情景描写が続いてしまうのが残念。
科学者の業界裏話(ポスドクとか論文のベリファイとか)のようなエピソードもどうでもいいなぁと残念。
本のタイトルや煽り文句から受けるイメージとは、そこらへんが剥離している。
そういう余分を拭き取ってしまうと、本当に薄い本になっただろう。
でもこれを逆に言えば、文系頭の人にも読みやすいってこと。小説を読むように読める。
学者業界に興味がある人は、ちょっとそれを覗けるのが面白く感じるだろう。 

なんだか否定的なことばかり言って申し訳ない。
そうは言っても第9章と終章(第15章)の結論は大変に面白いですよ。
シェーンハイマーの提唱した概念(生命の動的な状態)を著者が更に発展させ、
動的平衡という概念で「生命」を説明しようとする。
そしてそれは魅力ある概念であり、納得させられる。

生命という何やら得体の知れないものが、本当に科学的メソッドで明らかになるものだろうか。
生命とはどのような物理現象であるのか。
誰もが疑問に思う。「生命」とは何か?
それは、とりもなおさず、「私」は何者であるのか?という哲学的問いと同義である。
「生命」という現象、ひとりのヒトとしての細胞のまとまり、この、継続した1個の自分。
これは何なのか。
どんなに明快に説明されたとしても、やはり不思議な歓喜と問いが湧き起こる。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-21 12:23 | 猫の図書館/美術館

誕生日の思い出。

良い思い出よりも、イヤな思い出のほうが記憶に残りやすい。

普通に楽しく過ごせた誕生日もあったのだろうけど、
誕生日はロクなことがない、という記憶。

忙しく働く母には忘れられて、深夜帰宅して「あら、そうだっけ」とか。
母と母の同居恋人がケンカして険悪ムードで誕生日なんか思い出してももらえなかったり。
子供の頃は、そんな感じで寂しかったなぁ。

大人になって、母と別に暮らして、母も落ち着いたせいか。
今では毎年メールなり手紙なり、何かの手段でお祝いの言葉を送ってくれます。
そして私は「お誕生日ありがとう」と母に返します。
親子になった記念日。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-17 20:17 | その日暮らし

『ベオウルフ』読んだ。

東京は急激に冷凍された。なにやら今冬一番の寒さの期間だそうで。
あ~寒い。
自転車で映画館とか行ってられないよ。橋渡るのが寒すぎる!
観たかった『ベオウルフ』も終わってしまった。
でも続々と観たいやつが上映されてるので困る。

ベオウルフはもともと古英語の叙事詩で、8~10世紀ごろに書かれたらしい。
叙事詩は読む気にならないので、サトクリフ・オリジナルを読んだ。原書房、大好きだ。
イギリス文学だけど舞台は北欧(デンマークとスウェーデン)。
若いベーオウルフが、夜な夜な現れる怪物に悩まされている国に駆けつける第1部と、
その50年後に老いた身で竜退治をし力尽きる第2部から成り、一人の勇者の始まりと終わりを対構造で描いている。
2部の方はアーサー王物語にも通じるディティールが見られ、マロリーが影響を受けたに違いないなぁとも思った。(トールキンは言うまでもない)

勇者の割りに、ベーオウルフは謙虚で公正な人物として描かれている。
驕りがないとは言えないが、その分の理性がちゃんとある。
最終的には命を賭して民を守り、まさに理想の王として死ぬ。
そこに何か深いテーマがあるというわけでもないが、一人の男の生き様、始まりと終わりが描かれた冒険読み物として面白い。(強欲、母子といったテーマはサブかな、と思う)
サトクリフ・オリジナルなら読みやすいし話も短いので、3時間もあれば読める。
善き王のイデアというか、普遍的な冒険譚というか、そういうの。
本の値段が高い(1800円)ので、図書館で借りて読むのをお勧めするよ。
私は買ったけど。いいの、好きだから。原書房。

映画では「グレンデルの母」が妖艶な水妖って設定で美女アンジーが演じてるけど、
ここは映画オリジナル。
そんでもってこの水妖と後の災いは無関係なので、そこらへんの設定も映画オリジナル。
映画は映画として面白そうだ。
あぁ観たかった。美しいアンジーを観るだけでも価値がありそうだし。
早く暖かくならないかー。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-15 18:00 | 猫の図書館/美術館

行きつ戻りつ。

埼玉の東のほうにある小さな公園には、赤鬼が居た。
c0034595_10514865.jpg
同じく埼玉の、西のほうの中規模の公園には青鬼が居た。
c0034595_10523444.jpg
たぶん良い鬼だよ。

鬼ブランコ、もっとあるんだろうな。どこにあるのかな。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-10 10:54 | 猫じゃらし