日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アイタタ。

やー。
昨日は久しぶりにお山にハイキングに行きました。

朝、見事に寝坊しまして。 1時間ほど。

飛び起きたキッカケが、なつめさん(猫)の吐く手前の音。 ゴウゥッ!ゴウゥッ!
最近よく吐くんですよ。
で、吐しゃ物をよく見ると、猫砂食べちゃってるみたい。
なんでだ。
固まる猫砂だと体内の水分を吸収しちゃって危ないけども。
うちのは違うので、まぁ大事無いとは思うけど、本当にやめて欲しい。

1時間寝坊すると、バスの時間とかがアレで大幅な予定変更。
奥多摩の川苔山に行く予定だったのに。
奥多摩駅から歩いていける本に田山に変更。
帰りは鳩ノ巣駅まで歩くのでバスの心配がない。

短いコースだったけど、妙にきつくて。
なにこの急登、と。
入山してから山頂までずーっと急な険しい登り道。
山頂で一服してからの帰り道の、なんと楽しかったことよ。
でもそれもヒトトキ。
しばらくすると急なくだりが続くわけで、無口にならざるをえない。
とはいえ、登りのときよりはナダラカな道も合間合間に散りばめられ、気持ちよかった。

今はヤマツツジなのかな、きれいな薄めのマゼンダ色の花がたくさん咲いていた。
あとシャガっぽいのとか、日当たりの良い斜面にたくさん咲いてた。
小さなすみれも。

今日は、筋肉痛がひどすぎる。
一度座ってしまうと、もう立つのイヤ。痛い。
あぁ痛い痛い。 でも動かさないと明日もっと痛い。
写真はまた今度。

黄金週間ですので、後半ちょっと遠出もしてくる予定。
[PR]
by neko-dama | 2008-04-30 18:27 | 猫のお出かけ

季節のお届けモノ。

私は花の子でっす~♪ 名前はルンルンでっす~♪

良い季節ですね。
若葉も花も輝くばかり!
八重桜が満開でしたのよ。
c0034595_13555510.jpg
枝にボンボリぼんぼりとタワワに咲いているのが可愛いよ。
c0034595_13565469.jpg
八重桜ってもいろいろございまして。よく知らないですが。
ここにはピンク色の濃いのと薄いのと2種類が並べて植えられてありました。
背景になってる部分が濃い色の八重桜よ。
c0034595_13582468.jpg
あと何と言っても躑躅(ツツジ)がそろそろキテイマスね。
c0034595_1359743.jpg
躑躅もいろんな色があるわよね。
赤、ピンク、マゼンダ、白、まだらまだらに。
c0034595_140055.jpg
よく車道と歩道を隔てる生垣みたいに植わっていることが多いけど、あれは何故なんだろうか?
なんで躑躅?
ちょうど良い潅木だから?強いの?
あーあと街路樹には公孫樹かプラタナスが多い気がする。
どこででも育ちやすいのかな?
こういうのって、地方によって違いがあったりするのかしら?

まだ蕾んでいた白い躑躅。
蕾みの形も可愛い。 ツンっとしてて。
c0034595_1441221.jpg

[PR]
by neko-dama | 2008-04-23 14:04 | 猫のお出かけ

カボチャの冒険、検証。

昨日の猫の脱走(迷走?)経路を推測。

お隣さんとの間には薄壁がある。
薄壁から15cmほどの位置にエアコンの室外機がある。
その上に、物干しグッズを入れておくためのコンテナが置いてある。
まず、なつめさんはコンテナの上に飛び乗った。
c0034595_17192521.jpg
薄壁との15cmの隙間に飛び降りて、下界を見下ろす。
・・・と、あれ?向こう側の世界が見えるニャ。しかも行けそうニャ!
c0034595_1721323.jpg
この薄壁と銀色の柵のあいだは5cmほど。
猫の頭、通れない。
薄壁と床面との隙間、3,4cm。手のひらがやっと差し入れられる程度。
故に、横からも下からも猫は通れないはず。

なんだけど。
柵の棒と棒の間は猫の頭が入ります。
よく反対側の端っこで柵の間から身を乗り出しています。
c0034595_173774.jpg

ヒョイっとな!
c0034595_17371957.jpg

最初はこれだけでも落ちやしないかと冷や冷やしてたんですけどね。
基本的に臆病モノなので、ちょっと忍び寄ってお尻触ってやるだけで驚いて身を引きます。

だもんで。
こんな風に柵の間から間へとクネっと通ってお隣さんへ、そしてそのまたお隣さんへと
旅をしてしまったんではないかと。
c0034595_1741209.jpg
危ないよ!危ないよ、落ちなくて良かったよ!

かくして旅立ったものの、戻れなくなった、と。
・・・てゆうか、どうして戻って来れなくなったのさ??
(声のトーンで、困っているのが丸っとわかりましたの)

ベランダで遊ぶの好きな猫だから、もう出ちゃダメ!とはしたくない。
なので、2枚目の写真で猫の絵が描いてある場所にポリタンクを置きました。
これで、上記の経路を辿ることは不可能なはずです。

今日もなつめさんはベランダで遊びました。
コンテナの上に飛び乗って、ポリタンク障害物に気づくと、じーっと考えていたけど。
今度はやおら、薄壁の上のほうを見上げて距離を測る姿勢をとりました。

えー・・・。
薄壁、飛び越えて、向こう側に行こうとか、思ってるわけですか、ね?
今度は、薄壁にねずみ返しならぬ猫返しを取り付けるべきかしら。

ベランダの枇杷の樹を登るなつめさん。
c0034595_1748115.jpg

[PR]
by neko-dama | 2008-04-22 17:48 | その日暮らし

カボチャの冒険。

いやはや疲れたのであります。

なにって、この猫。なつめさん。
c0034595_20402862.jpg
今日は久々に天気が良かったので窓をあけてました。
なつめさん、いつものようにベランダに出ました。
柵から身を乗り出して下界を眺めたり、ゴロゴロ転がったり、ひなたぼっこしたり。
いつもはそんな感じです。

しばらくして、なつめさんを呼んでみた。
いない。
あちこち探してもやっぱり、いない。
ベランダから大きな声で 「なつめさ~ん!!」 と呼ぶと、
離れたところから、差し迫ったような返事が聞こえた。

落ちたのか??
柵から身を乗り出して探すと、
なんと隣の隣の部屋のベランダの柵から、身を乗り出して頭をこっちに向けている。

「・・・。」

なんでだ。
必殺「ヨーグルト!」の掛け声で猫を呼び戻そうとしたが、来ない。
どうやら行くだけ行って、怖くて戻れなくなった様子だ。

近所迷惑!!
今後、何か対策を講じねば!!

と思いつつ、その部屋に行ってチャイムを鳴らすもお留守。
今朝の新聞がまだ新聞受けにあるから、旅行かも・・・?
仕方ない、隣の人にご協力を仰ごう。

・・・お留守。

管理人室・・・誰も出ない。

そうこうしているうちにお隣さんが帰宅。
事情を説明して平謝りしながらご協力を仰ぐ。
お隣さんのベランダから、そのまたお隣さんのベランダを覗く。
  あー悪いことしてるな、私。
端っこまで寄ってきて、私の手に頬を擦り付けるなつめさん。

猫1匹、通れる隙間なんてどこにもない。
柵の隙間から空中に身を躍らせて、うまく侵入したらしいんだが。
もう怖がって同じことはできないのらしい。
うんしょと手を伸ばして、猫の前肢を2本ともぐっと掴む。
根元に近い部分を持って、ぐっと体を持ち上げる。

すまん、すまん、痛いか、ごめんな。

柵のない胸の高さまで、そのまま猫を持ち上げて、こちらに引き寄せる。
何度か試みて、やっとこ救出成功。

本当に猫も私もお隣の奥様も、とんだ災難でした。

もうベランダから向こうに出歩けないように、早く何とかしないと!

で、驚いたのが。
私の部屋の前の住人も猫飼ってたんですよ。
白い大きな猫。 最初、毛が押入れにまで残っててすごかったんですよ。
爪とぎもひどかったみたいで、壁紙はがれまくりで鉄骨?むき出しになるほど。

隣の奥様が仰るには、
「ベランダの柵の上を歩いてあっちの端まで行ったり来たりしてたわ。
 だから布団も干せなかったんですよ!」
だそうで。 ワンフロア5世帯分のベランダを我が物顔だったそうで。
えー。

猫がベランダ伝って他人のベランダに行くのを放置するのは迷惑だわよね、
と思った昼下がりでした。
c0034595_2175524.jpg

[PR]
by neko-dama | 2008-04-21 21:08 | その日暮らし
仕事を辞めて、家に居るようになってから、嗜好が変わった。

以前は珈琲大好きで、1日6,7杯飲んでいた。
尿は毎回珈琲臭がした。
賛同者が少ないのだけど、尿ってすぐに摂取したものの匂いになる。
煎茶なら煎茶の、珈琲なら珈琲の。

今は、あまり珈琲を飲まなくなった。
家珈琲は週に1~3杯程度。
外出時に飲むのは相変わらず珈琲だけど、家にいる時はほとんど紅茶になった。

む。
そういえば、ニュージーランド滞在中も紅茶が多かったな。
(それは珈琲が高かったからだ、紅茶がバカ安かったからだ)
それでも日に2,3杯は珈琲飲んでたけども。


で、紅茶といえばダージリンなんでしょうかね。
私はあれは上品過ぎて好きではない。
特にファーストフラッシュとかね、全然飲んだ気がしないし。
やっぱりガッツリしたアッサムとかウヴァが好きだ。
よくミルクが合いますよ、とか言われるけど、ストレートで頂くのが好きだ。
濃い目に入れて、ガブガブ飲む。

あとベルガモットの香るあんちくしょう。
昔はあの香りが苦手で、アイスティーといえばアイツが出てくるのが本当イヤだった。
でも今は好き。
アイスでもホットでも美味しく頂ける。
(珈琲は絶対ホットのみ、だけど、紅茶は冷たいのも大好き)

フレーバーティは、あまり好きでなかったんだけど、キャラメルは例外。
敬愛なる先輩にいただいたのがキッカケで飲むようになってから、お気に入り。
まぁほら、キャラメルは善!って。
ホーキーポーキーもキャラメルだし、31のキャラメルリボンも美味しいし。
ロータスのカラメルビスケットも美味しい。(キャラメルじゃないか、あれは)

ここ1年ほど気に入ってるのが、このキャラメルティー。
c0034595_2462742.jpg
輸入食料品店(カルディ等)とか、ちょっと良いスーパーに売っている。
900円~1000円で高いんだけど、125g入り。
茶葉はしっかりしたものだし、何と言っても小さなキャラメル粒が入っているのだ!
c0034595_2495660.jpg
ほんのり甘い、しっかりした紅茶の味。
美味しいよ!
他のキャラメルティーでは、もはや物足りないぜ。

ただ、近所では売ってないので、出かけたときに探します。
確実に売っているのが飯田橋の駅地下のスーパー三浦屋。

問題はさぁ、この缶缶が毎回ゴミになるってこと。
中身のアルミパックだけで売ってくれないかなぁ。切実に。
缶は1個で充分なんだもん。
あ、香水のブルージーンズ(ヴェルサーチ)買うときも同じことを思ったなぁ。
[PR]
by neko-dama | 2008-04-19 03:00 | 猫エサ

花よりダンテ。

天気の良い東京地方。
気持ち良い春の日だね~。 よし、こんな日はお花見だ! PC上で。

枝垂桜に白い猫。しっぽ短い子、可愛い。短いのにフリフリすると掴みたくなる。
c0034595_1241294.jpg
枝垂桜にふっさふさ猫。 
あぁ長毛いいな~!なつめさん(猫)の毛、伸びないかなぁ。父猫はふさふさだったのに。
c0034595_125157.jpg
なつめさん(猫)も連れて散歩。
後ろには桜が咲いていたんだけども、白とびしちゃったよ・・・。この黒猫め。
c0034595_11375062.jpg
桜の花の向こうに雪冠の山塊。寒そうだなぁ山頂。
c0034595_1282975.jpg
疎水沿いの山桜並木。 風が強い日は桜吹雪の中を歩ける。あのキラキラは、たまらない。
c0034595_1142230.jpg
色づいた花の中にアブか蜂か何かがいた。蜜、おいしい? 
ところで、鳥はどうして蜜を吸ったあと花を手折るのかなぁ。
あの、花そのものがクルクル回りながらゆっくり落ちてくるのを見てるの、好き。
c0034595_11451027.jpg
白っぽく大きい花弁の桜。白、薄桃、濃い桃色と、一口に桜と言ってもイロイロ。
c0034595_1143242.jpg
色イロイロの競演。一番濃いのはたぶんイヌ桜。
c0034595_12111069.jpg
イヌ桜、と思います。・・・猫桜はないの?
c0034595_12124013.jpg
青空に桜と黄緑。花も良いけど、春の緑も輝いてるよね。
c0034595_1158297.jpg
目いっぱい水仙が咲いていると、鮮やかさにウキウキ。これは桜よりも前。
c0034595_11354993.jpg
黄色と緑の茎と。パッキリ配色。
c0034595_11365384.jpg

黄色い花をつけた樹。"樹"と書いて"いつき"って読む名前の人、いるかなぁ?良いよね。
c0034595_11385970.jpg
樹の根元から新しい枝(?)がニョッキリ。花までつけてた。たくましス。
c0034595_1150111.jpg
こちらも幹から直接系。唐突間が可愛い。ギャップ萌え。
c0034595_1154543.jpg

気持ち悪い質感の花。虫っぽい感じだったんだけど、写真で見ると普通に可愛い。
c0034595_1148834.jpg
これも気持ち悪かった。虫の卵っぽい。密集してるから気持ち悪いのかな。
c0034595_1159383.jpg
このボンボリ花も、気持ち悪い感じだった。毛がモウモウとしていて。
c0034595_11524633.jpg
その色違いの花は、すごい可愛いんですが!黄色と白と。形も可愛い。
毛はモウモウしてるけど。
c0034595_1154255.jpg

[PR]
by neko-dama | 2008-04-12 12:15 | 猫のお出かけ

今日は強風だった。

なんでだろう? こないだ挫いた足の親指、まだじんわりと痛いのだ。

今日の風で桜の花も完全に終わっただろうね@東京。
満開の桜も良いけど、若葉が出てきた状態もまた綺麗。
しかし、葉が出ないうちから急に花だけ咲くって変な植物だよね。

桜吹雪の中を歩くのもまた いとあはれ。
キラキラした桜花が降ってくるのは嬉しい感じ。

今年はたくさん桜を楽しめました。
でも本当は梅のほうが好き。
桜は香らないから。
[PR]
by neko-dama | 2008-04-08 20:40 | その日暮らし

ごめんくださーい。

散歩していると、アパートのドアの前に何かを発見。
c0034595_13324951.jpg


ね こ ?

健気な感じにドアの前で待っている猫。
c0034595_13333565.jpg


その丸い役に立たない手でノックでもしてみれば?
あるいはニャンとでも鳴いてみれば?

「いいから あっち 行けニャ。」
c0034595_1335553.jpg

あんまり猫をからかうと、呪われます。
[PR]
by neko-dama | 2008-04-04 13:36 | その日暮らし

春になれば思い出す。

早いもので、仕事を辞めてから丸っと2年経ってしまった。

まぁそれはそれは貯金の減り具合がものすごいけれど、
今のところは無事に暮らしている。

働きたい気持ちと、働くのがもう怖いって気持ちと両方ある。
要はおぜぜを貰う手段と割り切って、マジメになり過ぎずに働けば良いのだろうな。

なんだか春ってやつはこう、気が焦る。
2年をかけて全身すっかりからっぽとなった抜け殻の私には、
陽光も新芽も眩し過ぎる綺麗さ。

空っぽになったから、今度はまた新しいことを学ぶべきかな。
マーケティング・リサーチは、やっと面白くなってきたところで道を外れたから、
なんだかやり直そうって気分にはならない。
第一、私の敬愛するK上司様とは、もう一緒に仕事ができないって時点で終わってる。
(業界は狭いから、もしかすっと絡むかもしれんが、部下であることとは違うと思う)

K上司様の前向きさに、何度救われたか知れない。
自分のミスに気づいて申告したときに、
散々原因究明の作業に付き合わされていたにも拘わらず
「良かったじゃない!今の時点で気づいて本当良かった!」
と心から晴れやかな言い方で笑ってくれた。

あの時、私は、この人にならついて行けるって思った。
勿論、欠点もある上司だったけど、そんなの気にならないくらいに人間とし大好きでした。

今も相変わらず、クルクルと忙しく早口に、人一倍の仕事をこなしているのだろうか。
それでいて、心のゆとり部分と女性らしさと、周りへの配慮も常に忘れない。
そんなあの人に、私はいつまでも、ついて行きたかった。
[PR]
by neko-dama | 2008-04-03 00:30 | その日暮らし