日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『神と科学は共存できるか?』

原題:"ROCKS OF AGES -Science and Religion in the Fullness of Life"
著者:Stephen Jay Gould 狩野秀之/古谷圭一/新妻昭夫・訳
日経BP社 初版2刷2007年11月19日 (初版1刷2007年10月1日)

ダーウィニストの著者が、他界する3年前にあたる1999年に出した本。
“科学と宗教の争い”というのは作られた誤ったイメージであるとし、その歴史を紐解く。

『ダーウィン以来』を始めとする進化論的エッセイで人気を博していたグールド先生だが、本書は極めて異質だ。
本書では、いつもの楽しい進化論的な生物の習性を知ることもできなければ、センス・オブ・ワンダーを刺激されることもない。
何度も、あらゆる側面からただひとつの同じことを言っているだけ。
すなわち“NOMA原理”(非重複教導権の原理)を懇切丁寧に語るのみ。

引用:敬意をもった非干渉― ふたつの、それぞれの人間の中心的な側面を担う別個の主体のあいだの、密度の濃い対話を伴う非干渉―という中心原理を「NOMA原理(Non-Overlapping Magisteria)」
としている。

科学に可能なことには限界がある。宗教もまた然り。
だから、それぞれの縄張りには干渉せず認め合おうよ、っちゅーことですな。

しかし、なんていうか、宗教色の薄い国に住む私たちにはアタリマエ過ぎてつまらない話だ。
そのアタリマエを延々と切々と語られても、面白みがない。
第3章で述べられる対立の歴史的事実については興味深く読んだので、第3章だけを読んでも良いかもしれない。
あと、訳者3人がアメリカの現状などの解説を書いている。本の後ろ1/3ほど!多い!
この解説が本文よりも面白いのだ。
本文を読む前に解説を読んでおくほうが理解がしやすいでしょう。

読み終わって思ったこと。
やっぱりアメリカっておかしい国だなぁ。大丈夫なのか。
[PR]
by neko-dama | 2008-09-30 10:37 | 猫の図書館/美術館

黒猫便。

猫好きの心を絡め取るのが上手な、ヤマトさん。
30秒CMの可愛さは可愛すぎてずるい。



スペシャルサイトも可愛い。
黒猫トラックがイキモノに。
なんというクリーチャー? 黒猫!
[PR]
by neko-dama | 2008-09-26 10:57 | 猫じゃらし

落し物。

住宅街です。
バス停に向かっていたら、アパートの壁のあたりに何か置いてありました。
周りには人気もなく、誰かがちょっと置いておいている雰囲気ではありません。
c0034595_1234119.jpg


近寄ってみると、それは瓶詰めの梅干でした。
瓶にはSENBIKIYAなどと書いてあります。
c0034595_12351765.jpg


誰が置き去りにしたのか。この梅干。の瓶詰め。
罠だと思うので、食べませんでした。
[PR]
by neko-dama | 2008-09-25 12:37 | 猫じゃらし

なまこちゃん。

初めて なまこ 食べました。
中華な旨煮ってヤツ。

意外なことに、美味しいものでした。

で、歯触りが寒天ぽかったので。
コレはもしや、千切りにして酢醤油かけて辛子付けて食べたら旨かろうもん、と思った。
うん、ところてん。

アレか。
なまこ一匹をトコロテンのアレにセットして、押したらうにゅ~って出てきたら良いな。
[PR]
by neko-dama | 2008-09-21 00:20 | 猫エサ

そういえば。

黒猫なつめさんが2歳になったよ。

推定9月15日生まれ。
なんせ野良だったから、母ネコの状態から推測したのが9月半ばに産まれたんだろうってこと。

生後3ヶ月ぐらいの頃に、母ネコが連れてきた。
それまでは母ネコだけで来てたの。

c0034595_2072280.jpg


この可愛い黒い毛玉め!
トロかったから、すぐに捕獲できた。
一度ご飯を覚えると、次からは自ら部屋の中に飛び込んできた。
で、一緒にベッドで寝たりもした。警戒心、ないのかねキミは。
親猫どもは触らせてもくれなかったのに。

小さい頃から遊んでいる羊のモコモコ縫いぐるみは、今ではボロボロです。
毛が抜けすぎてハゲハゲ羊だよ。

下腹部に横一文字の白い模様がありますの。
それ以外は真っ黒クロスケ。

c0034595_209776.jpg


いつか毛皮を着替えて、雉白ネコになるはず。

c0034595_20161199.jpg

[PR]
by neko-dama | 2008-09-17 20:16 | その日暮らし

校正は大事。

電車で見かけた広告です。

さぁ間違い探し!
c0034595_1029752.jpg

[PR]
by neko-dama | 2008-09-12 10:29 | 猫じゃらし

最近のお芋ちゃん。

うちの黒猫なつめさんも、もうすぐ2歳になります。
早いものですなぁ・・・。

この家に引越してきたとき、私は不安でした。
なつめさんにストレスを与えないか、と。
ものの10分ですっかり我が家と認識したようで、何食わぬ顔で落ち着いてトイレしてたっけ。

小さい頃は、寝ている私の頭の上にカーブを描いて寝ていた。
もう身体が大きくなってしまったので、私の頭とベッドのヘッドボードの隙間には入り込めない。
だから、誰もいないときに枕の上を占拠する。
c0034595_1164862.jpg


といっても、朝方とか、無理くり枕と頭の隙間に入り込んでくるけど。
そんなとき、人間は変な風に首を曲げて寝るしかない。
目の前に猫のお尻やお腹があって、息苦しかったりもしながら。

なつめさんはマイペース。
今日も毛づくろい。
c0034595_119459.jpg


変な顔になりながら、熱心にお手入れ。
c0034595_11102534.jpg

[PR]
by neko-dama | 2008-09-11 11:10 | その日暮らし

ごめんね。

左側に つぶろぐ ちゅーの表示しています。
私にとっては一言日記的なもので、そういう扱いをしてきたんですが。
つぶろぐ に反応してつぶやき返してくれていた人がいたことに、一昨日気付きました。

過去のつぶろぐを見てみたら、少ないけどもコメが付いてた。
これは・・・時、既に遅し・・・!

ということで、気が付かなくてゴメンナサイ。

でもね、コメントに返事をつぶやくと、つぶろぐが更新されてしまって
つぶやきに対するツッコミへの返事のみが表示されてしまうのね。
ややこしや。
それだけ表示されてもワケわからんので、レスしないことにします。

過去何件かを表示する設定にもできるけど、ゴチャゴチャし過ぎるのは鬱陶しい。
ということで、よろしくお願いします。

使い方間違っててごめんなさいごめんなさいごめんさい!
[PR]
by neko-dama | 2008-09-10 19:41 | その日暮らし
話には聞いていたSF、ジョン・ウィンダムの1951年の作品『トリフィド時代』を読んだよ。

原題:"the day of the triffids"
著者:John Wyndham 井上勇・訳
創元推理文庫 7版1968年 (初版1963年)

舞台は英国。(著者も英国人)
緑色の美しい光が夜空に広がった、その翌朝。
目覚めてみると人類は盲目になっていた。
緑色の流星群を偶然見なかった少数の人たちは盲目にならず、生きる道を探ることになった。

そんな中、良質な植物油抽出用に育てられていた3本足の植物―トリフィドの動きは活発になり盲目の人々を襲う。
トリフィドは全世界に生息している歩行型植物であり、毒のある鞭をふるい腐肉を食らう。
世界が平常だった頃は、毒鞭を切り取り、動き回れないように足かせをつけることでうまく管理し、その恩恵に与っていた。
しかし、トリフィドは自分達の大いなる活躍の場に気付いたかのように猛然と盲人達を追い回す。

盲目となった人類に助けは来るのか?
目の見える少数の人類はどのように命を繋ぐのか。
トリフィドとの闘いは?


というようなお話でございまして。
大変面白かったです。
静かに幕を開ける主人公のある一日。
異常な街の雰囲気。 絶望から命を絶つ人々。
それをただ見ているしかない主人公。

トリフィドの謎に包まれた出自、主人公が推測する緑色の流星群の正体。
謎の部分はすっきりとは解決されず、それでも人類が自分達の首を締めたのだろうことは提示される。

トリフィドとの闘いもさることながら、やはり人間同士の争いに主眼が置かれている。
大多数の盲目の人々と少数の目の見える人々の争い。
目の見える人々の中でも思想の違いから対立が生まれる。
何が正しくて、何が間違っているのか。
それは勿論、誰も正しくはなく間違ってもいないのだ。
必死に生き延び、人類を建て直そうとする限りは。

面白いのが、「きっと今にアメリカ人が助けに来てくれる」というフレーズ。
こういうときばかり頼みの綱にしてる!

静けさが支配する序盤からコロコロとどんどん話が進んでいき、
二転三転しながらの主人公のサバイバルは最後まで波乱含み。
SFパニックもの好きにはオススメの一冊。
映画『28日後・・・』好きにもオススメです。

ただ、絶版のようなので、図書館とか古書探しするしかないんだけど。
改訳してまた出版してくれないかしらねぇ。
(古いので、例えばソルトレイクシティーがソートレーキシチーになってたり、めくら、めあき、片輪などの言葉が使われています)
[PR]
by neko-dama | 2008-09-09 16:28 | 猫の図書館/美術館

転んだ。

きょうは クライミング・ジムにいくために バスにのろうとして ころびました。

痛いお。(′・ω・`)


ちょっと走ってバスに乗り込もうとした。
携帯電話がブルブルしたので気になって、つい走りながら携帯を手でもってしまった。
そんな自分が小憎らしい。

これがさ、アリエナイくらいスコーンと転んで1分くらい喋れず動けず。

たぶん、バスの乗り口のステップのとこに左足の足首から脛にかけてを
目いっぱい打ち付けた。

痛いお。(′・ω・`)

その勢いで前のめりに車中に倒れこみ、右手に持った携帯の電池カバーが外れた。

ついでに右足首、捻った。

痛いお。(′・ω・`)

両足が痛くて動けないので、運転手さんの目の前で突っ伏したまま不動の私。
同行の同居人さま、半笑いで私をどうにかしようとするも、どうにもならず。
だけども、荷物を持ってくれてバス料金払ってくれて、私を座席に誘導しようとした。

両足痛くてどうしても動けないので、車中を這って移動する私。
他の乗客の皆様方、無言。
這うのはあんまりだよなぁと少し冷静になって、膝行で座席に移動。
(膝で歩くのもあんまりと言えばあんまりだが、這うよりマシじゃろ?)

ようやっと優先席に腰掛けて涙目。
横で笑う同居人。
いや、あのね、マジで。

どこをどう転んだんだか、右の太ももも打ち身。

とっても痛いお。(′・ω・`)

もう帰る・・・と思ったけどバスは発車してるし、すぐには歩ける気もしない。
目的地に着く頃には痛くなくなってるだろう、と同居人タン。
いいや、キミには何もわかっておらんよ。

でまあ、バスは終点に着いた。
そのままジムに行ってみるも、この足でクライミングなんか出来るはずないッチュよね。
見学。
で、座ってたんだけど。
すぐに具合悪くなってきて、下腹部がまんじりともしないアレ。
ショックで到来したのか何なのか。

痛いお。(′・ω・`)

そんな感じで30分ぐらいで一人で先に帰りました。
お腹も空いて気持ち悪いし。
右足がね、内側に荷重かけると痛いので、かばって変な歩き方しとったら異常に疲れたよ。

何しに行ったんだろう、私。

で、なんか同居人のデジカメがバッグの中に入ってるんだけど。
ジムで預かって、そのまま持って帰ってきちゃった。
困ってないと良いですね~。

・・・痛いお。(′・ω・`)
[PR]
by neko-dama | 2008-09-07 19:10 | 猫のお出かけ