日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
土曜日:円山の枝垂桜を観にいく旅 最終日 ~別れ編~

4人で朝食を食べる。日野での、最後の食事。
朝からそんなに食べられるわけじゃないのに、テーブルには20皿ほど並んでいる。
何事も過剰な母なので、料理の品数も過剰というわけだ。
てゆーか、いろいろヤリカケのまま、母がいない。
お継父さんに聞くと、みつば採取に行ったという。

ははーん、さては味噌汁に入れるのだな。
でも、もう味噌汁注ぎ分けちゃった。
裏庭に母を呼びにいくと、血眼でみつばを採集中だった。高笑いして戻ってくる。
そして、食卓の各自の味噌汁に、掌いっぱい一握りずつのみつばをぶち込む。
ものすごい量のみつばを盛られた私達は、その過剰さに、そんなにいらない・・・と小声で抗議。
母は、当然笑うだけ。気にもせず、どばーっと投入。

そんな切ない朝食を終えて、いよいよ日野の家を後にするときが来た。
琵琶湖線 近江八幡の駅まで車で送ってくれる。ここから電車で京都駅に向かうのだ。

近江八幡の駅につくと、お継父さんは車の中で、私達を見送る。
挨拶をすませる。
母は、改札まで一緒に来る。

過去に2回、滋賀に来たことがある。そのとき母は、ロクデモナイ前の旦那さんと暮らしていた。
そして私が帰るときは2度とも、改札の向こう側で見送りながら、涙を堪えて変な顔になっていたのだ。
結局泣いて手の甲で涙を拭いながら笑っていた母を思い出す。

自分がオトナになって、母のオンナの部分を理解することができて、それを受容れることができたとき、私は初めて母を許した。
母をキライでなくなったのは、19の頃。それまでは大嫌いで憎らしかった。

19の頃、私は当時の彼のアパートに転がり込み、一緒に住んでいた。逃げ込むように。
優しい彼だった。彼のおかげで、愛することと愛されることと、それによるシアワセを知った。
だから、彼のおかげで、母を理解することができた。
母の人生、いろいろあったのだろう。
男の人に愛されていないと、きっと不安だったんだろう。きっと、頑張れなかったんだろう。
今は、可愛いヒトと言える。好きだと、感謝していると。
でも19までの自分は、こんな日がくるなんて、思ってもいなかっただろう。

2005年4月、改札の向こうの母の姿は、満面の笑み。
やっと、優しい旦那さんに出会えたね。楽しんで生きてください。
ママ、そしてお継父さん。

~京都巡り編へ続く~
c0034595_0271572.jpg

[PR]
by neko-dama | 2005-04-15 00:06 | 猫のお出かけ

水辺の神様。

金曜日:円山の枝垂桜を観にいく旅 2日目 後半

次なる目標は、丑の刻参りで有名な貴船神社である。
(※注・本当は呪詛の霊験なんて売りにしていませんよ)
三千院より車で30分強。お継父さんが適当に運転をして、ちゃんと着いた。
お継父さんは、三千院で歩いて疲れちゃったらしく、車で待ってるという。

c0034595_0225173.jpg貴船さんの参道、
朱塗りの灯籠並ぶ石段は、
貴船川のせせらぎと相俟って静謐な趣。

この灯籠が夕方から20時頃まで
灯るというのだから、
妄想するとタマリマセン。

今回はその様子を見れないけれど、いつかゆっくり過ごせたらいいなぁと思う。

現在は本殿修復中(涙)
でしたので、
観るべきところはないのだが、
目的があるのだ。

平安時代 
和泉式部も夫婦仲に悩んだとき
参詣してご利益があったとされる
この貴船神社。

「物思へば沢の螢も我が身よりあくがれ出ずる玉かとぞ見る」

そう、縁結びの御守
結び文を象ったお守りをゲットして、ご満悦のP。
もちろんT子さんも、平安の姫柄の御守をゲットしてご満悦である。

c0034595_0123143.jpgすると、T子さんが
何やら
水占おみくじ
というものを発見。

境内の霊泉に
おみくじを浮かべると、
文字が浮かび上がってくる。

風流ではないか。


・・・と、我ら若い衆はすっかり堪能していたのだが、母はどうでもいいらしくて、
「じゃーあたしも車に戻ってる~。あーココ降りれば道路に出るわね」
と、さっさか戻っていった。

そんなわけで、あまりノンビリ歩き回ることもママならず、
PとT子さんは本宮から結社までを詣でた。

鬱蒼とした、緑深い場所にかすかに届く水の音。
心が落ち着く場所である。

結社のもっと先には、龍神様が住むという奥宮があり、その昔はそこが本社だったという。
今度来るときには、奥宮まで詣でるぞ!

「奥山にたぎりて落つる滝つ瀬の玉ちるばかり物なおもいそ」
そんなに、思い悩まないで・・・との貴船の神の声が聞こえる。

c0034595_0245882.jpg
さて、神秘の香りに包まれた貴船さんを後にし、街中へとドライブ。
街中は渋滞がひどく、特に観光バスが道を塞いでいる。

車で流していると、琵琶湖疏水(琵琶湖から引いてきた運河)に覆うように
桜が満開の姿を見せていた。
車窓から、雅な風景を覗き見て、あぁ京都だ、との思いを新たにする。
しかしながら、渋滞に辟易して早々に帰途に着く。

帰り道、インターで休憩をしているとき。
T子さんは、どこかをフラフラしている。
セミ写真家のお継父さんと、禁煙中のタバコをふかす母は、2人でベンチに座っている。
カフェイン恋しのPは立って珈琲を啜りながら、花壇の花など愛でている。
と、そのとき、ぱっとお継父さんの方を振り返ると・・・

お継父さんは、ビクゥーっとして、ものすっごい驚いた顔で、構えたカメラをおろした。
「撮ったろ、思うたぁ・・・」
と言いながら、いたずらを見つかった子どものような顔になる。
その、あまりにも目に見えたビクゥーさ加減が面白くて大声で笑っちゃいました。
可愛いなぁーと失礼ながら思ってしまった。

なんだか、今までで一番、お父さんらしい人かもしれない。
子どもに恵まれなかったので、俄かにできた継子を可愛く思ってくれてるのだろうか。
擬似家族。
Pはフリをするのが得意だったけど、なんとなく、ホンモノに近くなれた気がした。
[PR]
by neko-dama | 2005-04-12 23:37 | 猫のお出かけ
金曜日:円山の枝垂桜を観にいく旅 2日目 前半

母は朝からテンションが高い。
「あんたたち、昨日寝るの遅かったわね~。
あたし、こっそりT子ちゃんのタバコ1本抜き取っちゃった!うふぅっふふ~」
母上、それ犯罪ですから・・・。

そんな感じで1日が始まる。みごとな快晴!

京都までドライブだ!
琵琶湖大橋まで母が運転する。例によって、桜を見ては急な減速をかます。アブナイよー。
インターで大きな琵琶湖を目の前にして、母は「T子ちゃん、ほら、日本海よ!
と、平気で嘘をつく。素直に信じたT子さんが可哀想だ。

c0034595_0174196.jpg第一目標、
京都大原三千院
道すがら、途中トンネルというトンネルをくぐる。
途中という地名らしいのだが、妙に鳥肌がたつ。


院のふもと辺りに到着したが、駐車場がどれだけ山頂近くにあるのか、知らない私達4人。
スリルを感じながら上へ上へと車を走らす。
三千院まで0.5k地点の駐車場で手を打つことにし、そこから歩く。
すると、あるわあるわー駐車場。
「これより先車両行き止まり」などと大きな看板が立ててあるが、その先にも駐車場は存在した。
恐ろしい。

三千院の中はひんやりとして気持ちが良かった。
しかし、なんと言っても庭園が素晴らしい。
石楠花が咲き、
c0034595_0185969.jpg
童地蔵が笑う、
c0034595_0194434.jpg
一面の苔の上に木漏れ陽がまだらに注ぐ。
c0034595_0203462.jpg
すっかり魅せられて、T子さんとともに写真撮ったり眺めたりしていたが、
母とお継父さんは喫煙スペースを抜かりなく見つけ、さっさと座り込み、スパーとやっていた。

さて、三千院を後にし、ランチに湯豆腐をいただいた後、次なる目標へと車を進める。
~後半へ続く~
[PR]
by neko-dama | 2005-04-12 01:51 | 猫のお出かけ

国宝に登る。

木曜日:円山の枝垂桜を観にいく旅 1日目

米原で新幹線を降りると、改札に母発見。大きく手を振っている。
Pも恥ずかしげなく大きく手を振り返す。
友人のT子さんを紹介し、お継父さんの待つ車へと移動。
初めて会うその人は77歳喜寿のお爺さん。元先生だけあって穏やかで、口調ものんびりだから、近江弁もわかりやすかった。

とりあえず、ランチに向かう。母は相変わらず元気だ。
お店では、テーブルを片付けるからお待ちくださいと言う店員さんを軽くスルーして、
無理くり座席に座る母。
禁煙してるの、と言いながらスパーと喫煙する母。
ひとりで喋り倒し、笑いまくる。「あぁはっはっはぁー」と、まるで林家パー子さん。

そんなテンションで、1日目のメインイベント、彦根城観光に向かう。
濠の周りには桜の木が並び、これが満開だったら絶景だろうな・・・と妄想しつつを愛でる。
c0034595_2256135.jpg表門から入城し登っていくとすぐに見えるのが、
重要文化財である天秤櫓である。
廊下橋(写真)を中央として左右対称に櫓が建っているのは、日本の城郭では彦根城だけ。

c0034595_22564139.jpg廊下橋の下をくぐって、先へ進むと
「日本の音風景百選」に選ばれている
時報鐘が見える。
鐘の音を聴くことはできなかったが、
赤い椿の花とともにある、その佇まいは美しかった。
c0034595_22582683.jpgここまでくると、国宝・天守はすぐ近く。
1606年に完成し、築城以来5回目の大改修が平成8年に完了したという。
ゆえに外壁の塗りは新しい。
天守内部は
木の感触が柔らかい、陰影に富んだ美しい造りであり、
また説明書きがほとんど見られないところが好感度アップである。
風情にひたっていたいが、
少し前にいた母が突然すごい形相で振り返り、刀を振りかざす素振りで
「とのー!殿中でござるー!!」などと言いながら、こちらに向かってくる。

c0034595_23333100.jpgそんなこんなで、天守をすっかり堪能した私達4人。
その足で名勝・玄宮園に散歩を決め込む。

1677年に造営された大名庭園で、琵琶湖や中国の八景にちなんで選ばれた近江八景を模して造られた縮景園。

いいお天気だけあって、絵を描きにきてるヒトも多かった。
母は「まぁきれいねー、お上手―」などとイチイチ絵を見に行く。
ご迷惑をおかけして・・・。

写真は、池の水面に山上の天守が映り、このうえなく美しい穏やかな光景。

桜は咲いていなくても、
愛するシダや梅の姿にココロ癒される彦根城観光でした。

さて、母の運転で帰路に着く。滋賀は日野の家に向かう途中、母は突然路上で車を止めて
「ほら!雉が!あそこに雉がいるー!」などと叫ぶ。
後続車がいなくて、ホント良かった。カマほられますよ、母上。
運転中、常にこんな感じですのでハラハラします。

夜、禁煙中だからタバコ1本ちょうだい、という母の理不尽に友人T子さんは素直に答えていました。T子さんもすっかり母に飲み込まれています。

お継父さん、このひとをよろしくお願いしますネ。Pは、疲れました。
[PR]
by neko-dama | 2005-04-10 21:16 | 猫のお出かけ

明日から。

そうだ、京都へ行こう。

あのCMは偉大です。そんなわけで、行ってきます。

とはいえ、宿泊は滋賀の母宅です。母は50を過ぎてからとった免許でばりばり運転してます。
もちろん、溝にはまったり、田んぼにおっこったりしながら。ハマルと、助けを呼びにたったか行きます。
母は、少しおかしなヒトなので、ずーーーっと一緒にいると疲れます。
でも半年以上会ってないので、充電バッチリです。
たぶん1日で使い果たすけど。

今回は友人T子さんと円山公園の枝垂桜を観にいこうと思い立ったところから始まっています。
滋賀の家は、母が法的には3度目の結婚を果たした旦那様の家です。
旦那様といっても、もうおじいちゃんなのだそうで、まったり暮らしてるようです。
そんなおじいちゃんに、今回は初めてお会いするのです。
あー、言ってることが理解できるといいなぁ。
前の旦那様も滋賀のヒトだったけど、近江弁が・・・さぱり、わからんのだよ。

斯様なわけで、ブログをお休みします。
土曜の真夜中に帰宅予定ですので、日曜の夜にでもアップする所存。

お留守の間、よろしく荒らしといてください!
うっわーい、楽しみです、きよとーーー!!ウカレすぎ。
ぜんぜん、準備しとりません。もう、明日でいいや。

ミク中の皆様、mixiもお留守にしますので、あとはお願いします。
帰ってきたら、まとめて読み漁るじぇー!

アディオス・あみーご!
[PR]
by neko-dama | 2005-04-06 23:58 | その日暮らし

歩く。

スノーシューって、なんだー?
昨年、隊長に初めて連れてってもらったんですが、こんなに楽しいモノとは思ってませんでした。

えと、昨年も今年もお世話になった車山高原にあるペンション あれ!あれ!のHPを見てみてください。
そして、このページの子供と一緒にスノーシューでは、オーナーさん家族の双子の男の子が可愛くスノーシューで歩く動画が見られます。(クイックタイムで動作確認しましたー)

一度、行ってみてはいかがでしょうか?オーナー夫妻さんはアスリートなのだそうで、昔はトライアスロンもやっていたとか。スノーシューだけでなく、自転車やスキー(クロカンなんかも)も楽しめます。料金が・・・安いなーと思うのですが、大丈夫なんでしょうかね?オーナーさま?

c0034595_23552230.jpgこちらは、山の上でオーナーさんが作ったほっとワインです。(煮込み中)
赤ワインと、レモン汁、カルダモン(スパイス)と砂糖が入っています。
これが、効いた!少しの量で体があったかくなるですよ!ご馳走様でした!

昨年は、雪がゆるかったのか、踏み抜いて膝まで埋まったり。斜面で足元が雪崩れて登れなくて笑い転げたりしましたが。
今年はまったく、そんなこともなく安全な散策でした。

さて、スノーシューとは関係ありませんが、ダイヤモンド・ゲームって知ってますか?
私ら女子は、夜コレを1戦交えました。なんだか夢に出てきそうでした。でもって、こんなサイト発見です。web版ダイヤモンドゲーム。ちょっと、これを1戦交えてから眠りにつこうと思います。今夜はうなされそう。
[PR]
by neko-dama | 2005-03-01 00:13 | 猫のお出かけ

とりあいず。

ただいまー。とても良いお天気のなか、柔らかい雪を踏みしめてお散歩を楽しむことができました。富士山まできれいに見えたのですよー!!
場所は車山高原カシガリ山周辺。こちらはペンションのオーナーさまが撮影した写真です。
c0034595_23375721.jpg
顔、見えないからいいかと思って写真載せちゃいました。>関係者諸氏、よろしいでしょうか?

そして、こちらはP撮影の、うさぎの足あとです。わ、わかりますでしょうか?
c0034595_234792.jpg
右側の2つの長い丸が後ろ足。お手手が左側の小さな丸いの。
こうゆうモノを見るともう、可愛らしくてたまりません!ここをピョコタンぴょこたん、跳ねてたんだ!と、頭の中でうさぎが跳ね回ります。
他にも、キツネかたぬきのような足あととか、鹿っぽいのとか、よくわからない小動物の足あとがたくさんありました。
中には、肉球のあとまで残っているのがあって、もうタマランかったとです!

楽しかったですー。隊長、ありがとー!!
c0034595_23533819.jpg

[PR]
by neko-dama | 2005-02-27 23:54 | 猫のお出かけ

電子マネー。

すいか、えでぃー。
やっとこ、日本でも電子マネーがなんとなく流通してきましたね。

ここで、敬愛するかの国、ニュージーランドの電子マネー状況をお知らせします。
といっても、5年前の状況しか知らないのですが。どうやら2005年現在もそれほど変化はないようです。

EFTPOS エフトポスという簡易決済端末があります。
町のスーパー、本屋、肉屋、カフェ、雑貨屋、手芸屋・・・・
あらゆる小売店に置かれているのです。

ほとんどの人が現金ではなく、このエフトポスで支払いをしています。
方法は簡単。
銀行のキャッシュカードをレジの人に渡し、「エフトポス払いで」と言って
暗証番号をプッシュ。以上です。利用明細のようなレシートをくれます。
すると、銀行の口座からその場で引き落とされるわけです。

そして、便利なのは。
現金が欲しいとき、スーパーなんかに行って、銃で脅したりしなくても
現金をおろせるのです。小売店がATMな機能も持ち合わせることができるのですね。
エフトポス端末詳細はこちら。
利用方法はこちら。う、Pの説明よりもわかりやすいです・・・。

本当に便利でしたよ。現金を持ち歩くことは少なかったですね。
だいたい、銀行ATMの数も多く年中無休の24時間体制ですから
急に現金が必要になっても、大丈夫だし。

Pは、放浪中にキャッシュカードをなくしたことがありました
しばらく気づかず、なくした翌日の夜にあれ?カードがない・・・と青ざめたのですが。
すぐに、銀行に電話。(泣きそう)
まずは利用停止にしてもらって、新しいカードを作るからと電話で手続きを済ませました。
なにしろ、Pはその時南島半周放浪の旅の最中でしたので、新しいカードを受け取りに指定された日に銀行に出頭することが困難。すると、Pの日程を聞いた銀行の人は「では、●日にクライストチャーチ(南島の巨大な街)の銀行で受け取ってください」と、Pの日程に
合わせた場所&日を設定してくれました。

そんなこんなで、無事に新しいキャッシュカードも入手。口座にあった金額も1キウイドルも変わらずに事なきをえました。ぱちぱち・・・。

思い返すと、どこでカードを失くしたかは心当たりがひとつ。
小さな町のATMで現金ひきだしたとき、カードそのまま置いてきちゃったんだ。
あぁ、悪用するキウイがいなくて本当に良かったです。あったかい国です。

Pが何故そのとき現金を必要としたかというと、バックパッカー向けの安宿やら個人がやっている小さな安宿ではエフトポスが使えない場合も多いのです。
えぇ、まったき貧乏旅行でしたから。バッパー以外には泊まれませんでしたよ。
南島は寒いのに、車中泊もしましたさ。寒さで目が覚めるのよ。

日本もエフトポス、一般化したらいいのになー。
[PR]
by neko-dama | 2005-02-19 20:35 | キウイ

IPフォン。

ネットを通じて、買い物からお店の予約、転職に仕事の報告、はたまた恋人探しやら、仮想世界で第2人格がむくむく(→心療内科送り)、などと何でもできる現代社会です。

日本ではIPフォンとして一般化したインターネット回線利用の通話ですが、思い起こせばあたしは1999年に既にその恩恵をうけていたのでした。

ニュージーランドでは、電話の通話料が市内通話は無料です。ということは、インターネットをやるのには低コストですむ環境といえましょう。基地局までの通話料がタダなんですもの。
その頃の日本のネット環境は、基地局までの電話代が嵩むのでコストが気になって、ちょっとネット普及が足踏みしていた時期。(と、思っている)

まずは市内通話タダということを踏まえて。
さて、街ではIP用のプリペイド・テレフォンカードが売られています。
そのカードを購入し、裏面をスクラッチするとアクセス番号が現れます。
例えばオークランド市内から日本に電話をしたいときは、
まずオークランドの基地局に電話(市内通話無料)をかけて、
次に音声ガイダンスに従って、カードの裏面にあったアクセス番号をプッシュします。
またまた音声ガイダンスに従って、今度は国番号と電話番号をプッシュすれば
「あ、オカン元気?」
となるわけです。

普通の国際電話は高いですから、貧乏旅行者には無理ですが。トホ。
このIPプリペイドカード(勝手に命名)なら、記憶は定かではないけど、
1分約8円くらい、あれ、もっと安かったかな。
20キウイドル(当時のレートで約1120円)のカード1枚で、累計2時間以上は
日本との国際電話が可能でした。(むぅ・・・料金うろ覚えですいません)
市内通話が無料だからプリペイした分しかお金がかからないという、ステキな仕組み。
明朗会計!

あたしはかの国に1999~2000年に滞在しておりましたので、
今現在はこのカードがどうなっているか知る由もないですけども。このシステムって、便利だし、なんか先進的な感じですよね。

今でも市内通話無料というのは変わっていないとのこと。
これのお陰で、ニュージーランドではインターネットが普及しておりました。
町々にインターネットカフェがあり、料金も安かったです。
1時間5~6キウイドル(当時のレートで約280~330円)が相場でした。

このIPプリペイドカード以外にも、かの国の進んでる一面をまたの機会につれつれ書こうと思います。・・・って、南半球の小さな島なんか、興味ないですか・・・?
[PR]
by neko-dama | 2005-01-26 00:54 | キウイ
初めてパウロ・コエーリョの本を読んだのは、2000年だった。その頃には彼は既に世界的なベストセラー作家で有名人だった。
最初に読んだのは『The Alchemist』 (邦題:アルケミスト)

あたしは、ニュージーランドを放浪中で、その日はケリケリという町に行くために長距離バスに乗っていた。かの国は観光に関することが驚くほど発達している。バスのチケットを買うのは簡単だ。

あたし    「ケリケリまで、1人やねんけどー。片道でお願い。」
おねいさん 「OK!KERI KERIiねん。はいよ。バスもうすぐ来るから
        それに乗る?空きがあるか交渉してあげるさかい。」
あたし    「わーい。助かりま。よろしく頼んます。」

ちゅーわけで、あたしはKERI KERIに行きたかったし、チケットの汚い字は
KERI KERIに見えた。でも、数時間後、運ちゃんが着いたよって言ったのは・・・
KATI KATIですから~~残念!
この2つの地名、Nativeの汚い筆記体で書くとわからないです。
しかも、イギリス系国民の方々の発音は、この2つ、よく似ていて聞き分け困難。

・・・まったく、あさっての方向に行っちゃった。
でも、運ちゃんに事情を話したら、すっごく親身になって面倒をみてくれた。

運ちゃん 「今日は長い1日になるな?おいちゃん終点まで着いたらこのバス回送で
       オークランド(北島で2番目の大都市)まで戻るから。
       一緒に乗って帰ろうね。そこからケリケリまでのバス、おいちゃんが
       予約しとくからね。い~~んだよ。あ、そのバスは明朝だから、
       今晩のオークランドの宿も予約しとくからな。」

という、おいちゃんのご厚意により、その予約してくれた宿の前でバスを降りた。
その宿で出会ったドイツ人のウーヴァ。
彼と会って話したのは、その夜の数時間だけ。だけど、互いの旅の幸運を祈って
さよならをする間際に、彼はバックパックから1冊の古びた本(というかペーパーバック)を取り出し、あたしに差し出した。ちなみに彼は、車ごと荷物を全部盗まれた直後で、そのバックパックが持ちもののすべてだった。

ウーヴァ 「この本を読んでくれたら、僕って人間を理解してもらえると思う。
       キミは、この本がわかる人だよ。絶対に読むべきさ。」

あたしは、素直に本をもらって読みふけった。
読後、心に爽やかな風が吹くような感動を覚えた。
そしてウーヴァを思い出した。もう会うこともないであろう、すれ違いの旅人。
彼という人がわかったような気がした。そして彼が言った「この本がわかる人」という意味もわかった気がした。

その後、この『The Alchemist』はボロボロになりながら、あたしの手から他の旅人の手へ。その旅人も、読後に別の旅人に譲った。そのようにして旅をするのが、この本には相応しい事と思えた。

今もあの本は、旅人から旅人へと旅をしているのだろうか。
[PR]
by neko-dama | 2005-01-21 23:23 | 猫の図書館/美術館