日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
6月6日、氷室冴子さんが亡くなった。

淀川さんが亡くなったときと同じぐらいショックをうけた。
氷室さんの場合はまだ若かった(享年51歳)から、驚きという意味では淀川さん以上に。

私にとっては氷室さんといえば少女時代そのもの。
小学生から高校時代まで、めいっぱい読んでいた。
大学を卒業する頃にはすっかり新作を読まなくなっていたが、それは氷室さんが寡作になっていたからでもあった。
小説家人生の晩年にあたる90年代初め~半ばの作品は途中から読んでいない。
続き物の古代日本ファンタジー『銀の海 金の大地』や
エデンの東が元ねたの『冬のディーン 夏のナタリー』は完結したんだろうか?
平安ミステリー『碧の迷宮』は上巻だけを読んで、いつまで待っても下巻が出なかった。
結局未完のままだ。

氷室さんは少女マンガ的な小説を目指していた。
今ならラノベと言われそうだが、当時はそりゃぁ新しかった。
作風はドタバタコメディが多く、プロットがよく練ってあったのでエンタメとして最高だった。
そして確かな知識と、ぐいぐいと惹きつける筆致。

少女時代は、今で言う『信者』といっても過言でないほど大好きだった。
私が平安時代や古代(記紀の時代)や俳句が好きなのも氷室さんのお陰。
少しでも早く読みたくて、氷室さんが連載を寄稿していた小説雑誌『Cobalt』も買ってたよ。
季刊だったのが隔月刊になったのを覚えてる。
うん、今だったら完璧に『オタク』って言われるかもしれない。
根暗とは言われていたけど。

今でも本棚に、ピンク色の背表紙のコバルト文庫がある。
氷室さんの小説で特に好きなものを残して置いてあるのだ。
今読んでも、やっぱり面白い。

初期の『さようならアルルカン』や『白い少女たち』は繊細で古風で、ガラスの欠片みたいな小説だった。脆くて痛くて透明。氷室さんがリスペクトする吉屋信子系統。
まだ少女マンガ的コメディ路線が確立する前の作品たち。
繊細路線では他に『海がきこえる』や『なぎさボーイ』『多恵子ガール』があった。
どれも思春期の男女が主人公で、切ない青春の匂いが香ってくるものだった。
とりわけ『白い少女たち』の絶望感とやさしさと残酷さとほのかな希望のミックスは好きだ。

その繊細さと少女マンガ的コメディが融合した『シンデレラ迷宮』『シンデレラミステリー』は本当に泣きながら読んだ。名作!
本の世界(というか自分の内なる世界)に逃げ込む少女の話で、登場人物の魅力あふれる作品。
ジェイン・エア(奥方)、白鳥の湖のオディール(踊り子)、白雪姫の継母(お妃)、茨姫(姫君)など、よく知られた物語の人物が登場します。
語られなかった物語が展開され、どの人物も切なくてたまらないエピソードを披露する。
中でもジェイン・エアは、これがきっかけでブロンテを読んだんだった。

ドタバタコメディでは何と言っても『雑居時代』(上・下)が楽しい。
開校以来の才媛、才色兼備の完壁少女が主人公。この主人公の二重人格ぶりやら、いつも何かを企てては失敗してキィーっとなる展開やらが楽しい。
全ての作品を通じて言える事だと思うけど、他人を貶めたりする笑いではなく、自分が仕掛けた罠に自分がハマッちゃうような自虐の笑いなのだ。

他にも『なんて素敵にジャパネスク』シリーズや『ざ・ちぇんじ!』といった平安モノコメディ、映画にもなった『恋する女たち』などどれも面白い。
登場人物のユニークさ。そのユニークな面々が日常を過ごす描写。
変人を普通に受け入れる周りの面々。あるいは受け入れずに誤解したまま遠巻きにする人々の描写。
本を読む楽しさを育ててくれた、氷室さんの少女小説。

セルフパロディでもある『少女小説家は死なない!』では自分を客観的に笑い飛ばしている様子が清清しかった。
エッセイ集『いっぱしの女』や『東京物語』でもそのトーンは変わらず、自虐な笑いと呆れながらも味方な家族友人の話が盛りだくさん。

最近では辛口とかいって人を悪く言ったり貶めたりするのが持て囃されるけど、
そうじゃない笑いが、そこにはあった。

氷室冴子さんは、少女小説ブームという一時代を築いた作家さんでした。
90年代半ば以降、執筆活動をされていなかったとのことだけど、楽しく過ごされたのならいいなぁと1ファン(元・少女)としてはそう思うばかりである。
氷室さん、ありがとうございました。
また本棚から手にとって、少女時代を甘苦く想いたいです。
本棚からなくなってしまっても、心の中にしっかり残った結晶は消えることはありません。

またひとつの時代が過ぎていったように思う、昼下り。
[PR]
by neko-dama | 2008-06-10 16:05 | 猫の図書館/美術館

きみが大将?

猫ラーメンが映画化だって。

しかも、実写だって。


・・・。


アニメはね。
ショートショートのノリの面白さがあった。
え、終わり?っていう、唐突感が面白かった。
テーマ曲も良かったしね。

実写映画って。
微妙ですねぇ。観るかどうか。

ってことで、コミック3巻が出ていたので今読んでいます。
田中さん、本当大将好きね。
[PR]
by neko-dama | 2008-05-26 09:55 | 猫じゃらし
『イエスのビデオ』 Das Jesus Video 
アンドレアス・エシュバッハ著 平井吉夫・訳
(ドイツ・1998年)

ドイツ映画が好きで、機会があれば観ている。
で、ドラマ化された『イエスのビデオ』を観たことがある。
これはドイツで放送されたものから大分カットして纏めたものだったらしく、
話の繋がりがおかしかったり、あれこれ不自然に感じる部分が多かったにも関わらず面白かった。

そんなわけで原作読んでみよう、となった。
考古学とSFってことで、映画『タイムライン』(2003年製作)を髣髴とさせる。
(この映画は面白かった。B級的楽しみ方で。ちなみにジェラルド・バトラーa.k.a.ファントムが出ていて素晴らしく魅力的だった。)

タイトルが示すとおり、イエスを撮影したビデオをめぐる物語。
イスラエルの遺跡発掘現場で発見された"ビデオカムの取説"が謎を呼ぶ。
そこから本体のビデオを見つけようと必死になる幾人かの人々。

常にいくつかの視点が用意されているところが面白かった。
アメリカ人学生、イスラエルの学者兄妹、イギリス人の発掘団長、アメリカのメディア王、ドイツのSF作家、ローマキリスト教会・・・。
それぞれの思い、それぞれの思惑、理由。
誰が悪いとか、そういう話になっていないところが良かった。

'98年に書かれたことを考慮しても記録媒体が不自然なのと、
2000年間の自然充電にどうも違和感が拭えないのが欠点だけど。
(充電池は自然放電はしても、自然充電はちょっと信じがたい)
いっそのこと太陽電池にすれば良かったのになぁ。
あとプラスチックが2000年間で劣化しなさすぎだと思った。

そういったマイナスポイントはあるものの、ダン・ブラウンのようなエンタメ性もあって視覚的な文章が楽しい。文庫本上下巻で長いけれど、本当に面白いので長く感じない。スリルとサスペンスをお求めなら激しくオススメ!あとダン・ブラウン好きなら、きっと面白いと感じると思う。

読後の爽快感は素晴らしく、爽やかな感動がある。
そんなわけで、話としてはスッキリだけど、気持ちとしてはもやもやした。
信仰とはなにか。
それは心の内にあるもので、信仰対象と信仰者の化学反応みたいなものなのかもしれない。
何を見て、何を感じるかは各人によりけり。
私は最終的に、ドイツ人SF作家の視点に同調した。
話が信仰に偏りすぎていくラストを冷静に見つめる傍観者として。
[PR]
by neko-dama | 2008-03-07 16:36 | 猫の図書館/美術館

少年少女。

1983年~88年の漫画『ダークグリーン』(佐々木淳子)が好きで今でも読み返したりする。

で、その作者の佐々木淳子さんは少女漫画家に分類される。
けども、なんつーか、そこらの少女漫画とは一線を画すというか。
あの頃人気あった少女マンガってキラキラうふふの世界だけど、この人はSF好きで少し哲学的な内容の漫画だった。

そんな作風だもんで、とある作品が『うちの誌風にはちょっと・・・』とたらい回されたことがあるのだそうだ。
結局ゲーム雑誌に連載することになり、少年漫画として描くことになった、と。
(後に連載の話はポシャるので読切1回で終了してしまった、えらい中途半端にも)

そのコトの顛末が書いてあったところに、今まで知らなかったことが書いてあった。

少年漫画は噴出しに句読点を入れなければいけない。

わぁ、知らなかった!
少年漫画も読んでいたのになぁ。
で、さっそく確かめてみると。
c0034595_10173259.jpg
本当だ。
いちいち噴出しの最後は句読点がついてる。(三点リーダーやエクスクラメーションマーク、クエスチョンマークも含む)
『を』にも『、』がついてる。
気にして見ると、うざったいぐらいに『、』が多い。

ちなみに少女漫画はそういう縛りがないらしく、こんな。
c0034595_10201674.jpg
田村もこんな。
c0034595_10204154.jpg
読んでいても気づかないものですねぇ。
[PR]
by neko-dama | 2008-02-28 10:28 | その日暮らし
『ブラッド・ミュージック』Blood Music
グレッグ・ベアの世界系SF。(1985年)
エンタテイメントでありつつ、知的好奇心を擽られる良書。
生物学好きにはタマラン。細胞かわゆす!

知的微生物を作り出した科学者と、その微生物ひいては人類の行く末の話。
この科学者が本当ダメな感じでね、まったく感情移入はできない。
でも、しなくて良いんだと思う。
彼の友人である医者の方に感情移入するのが人として正しい在り方かもしれない。

中盤以降、舞台と登場人物が切り替わったりしながらグイグイ進んでいく物語に惹きこまれる。
映像が浮かぶような描写が多く、まるで映画を観ている気分になる。
知的生物の生みの親である科学者の母親が、非常にキャラ立ちしていて不思議に魅力的。
彼女の母性と魔術的雰囲気がこの小説のヌケになっていて、科学的・知的なだけではない暖かさを醸し出している。
(もう一人、スージーという女性が表す『守られるべき存在』といった要素も、進化への戸惑いや不安、個への執着をわかりやすく説明している。そこがまた暖かい。)

知的微生物たちの集団の意思が育っていき、現状を把握し未来を予測し破滅を回避しようと行動するあたり、人類となんら変わりはないなぁと思わされる。
いわゆる『神』となる科学者のヘナチョコさや身勝手さに拘わらず、知的微生物たちはどんどん成長してモノを考える。
こういった設定を私たちの世界に置き換えて考えてみると、とても楽しい。

結果として人類全体の問題ではあるんだけど、発端や事の進展はごく個人的な行為であるところが面白い。
ひとりひとりの血の通った人間の独断的行為が全体の流れを決めていく。
これは歴史を学ぶときにも思うことだけど、個人的な事情が優先される面白さ。
すべてが合理的、理屈に合うってわけじゃないよね。理屈で言えば間違ってるほうの道を選んだりする。
よく恋愛映画の感想で見かける「二人が惹かれあう必然性が感じられない」とかいうのが私は好きじゃない。恋愛はそういうモノだもの。理屈もなにもないって。
(文句のひとつも言いたくなる設定の映画は多いけどさ、確かに。)
それと同じで、作中人物が選ぶ道がいつも理屈に合っている必要はないなと思っている。
自分がそうだもんね。わけの分からないことをしてしまう。

閑話休題。

この物語の実質的な主人公は知的微生物(ヌーサイトと命名される)だろう。
個の概念が希薄な集合的意識、というか生体システムのようなもの。
彼ら微生物たちの透明な存在感と肉感の薄さ、生命感の希薄さと言ったら良いのか。
それは知的微生物という種が育っていくにしたがって、植物のように蔓を伸ばして生き生きと人間を捕らえていくように感じた。
さやかな音楽に包まれ、生ぬるいゼリーに包まれるような感覚。
(あくまで比喩的表現なので、そういうホラー話ではないよ!)
それがブラッドミュージックなんだろう。羊水の中に戻る、オーヴァーチュア(Overture)。
『2001年宇宙の旅』のテーマとも通じるものがあるように思う。

あと、ティプトリーの『たったひとつの冴えたやり方』に出てくる脳寄生体の小さな宇宙人をちょっと思い出した。
浅倉 久志さんの訳がラノベっぽくてすごかったな、あれ。 おお、おお、おお・・・。


関連リンク⇒交響詩篇エウレカセブン:ポケットが虹でいっぱい 【思い合う 心が作る この世界】
[PR]
by neko-dama | 2008-02-20 15:28 | 猫の図書館/美術館

生命とはなにか。

『生物と無生物のあいだ』福岡伸一

書評テレビ番組で見て読みたくなった1冊。
もっと踏み込んだものを期待していたのだが、その意味ではガッカリ。
全体として生命礼賛、ヒトが触れてはいけない領域もあるよねという戒め的な軸がある。
簡単に言えば、文才の有る科学者が書いた、分子生物学的な生命の存在論。
前半は人類がどうやってDNAを発見(認識)したか。
後半は生命とは何かを探る試み、と言って良いのかな。

細胞生物学に馴染みのない方々には、きっと新鮮で面白く感じるであろう。
少し齧っている私には物足りなさが残った。
というか、初歩的なことを誰にでも理解しやすく書いているから、しつこく感じた。
同じことを何度も繰り返しているのも邪魔に感じた。
逆に言えば、細胞だの分子だのを知らない人向けに書かれたもので、「難しそう」と敬遠する方々には手にとっていただきたい逸品。

この本の核心は第9章に集約されている。
他の章はオマケみたいなものだ。
なまじ文才があるばかりに、冗長な情景描写が続いてしまうのが残念。
科学者の業界裏話(ポスドクとか論文のベリファイとか)のようなエピソードもどうでもいいなぁと残念。
本のタイトルや煽り文句から受けるイメージとは、そこらへんが剥離している。
そういう余分を拭き取ってしまうと、本当に薄い本になっただろう。
でもこれを逆に言えば、文系頭の人にも読みやすいってこと。小説を読むように読める。
学者業界に興味がある人は、ちょっとそれを覗けるのが面白く感じるだろう。 

なんだか否定的なことばかり言って申し訳ない。
そうは言っても第9章と終章(第15章)の結論は大変に面白いですよ。
シェーンハイマーの提唱した概念(生命の動的な状態)を著者が更に発展させ、
動的平衡という概念で「生命」を説明しようとする。
そしてそれは魅力ある概念であり、納得させられる。

生命という何やら得体の知れないものが、本当に科学的メソッドで明らかになるものだろうか。
生命とはどのような物理現象であるのか。
誰もが疑問に思う。「生命」とは何か?
それは、とりもなおさず、「私」は何者であるのか?という哲学的問いと同義である。
「生命」という現象、ひとりのヒトとしての細胞のまとまり、この、継続した1個の自分。
これは何なのか。
どんなに明快に説明されたとしても、やはり不思議な歓喜と問いが湧き起こる。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-21 12:23 | 猫の図書館/美術館

『ベオウルフ』読んだ。

東京は急激に冷凍された。なにやら今冬一番の寒さの期間だそうで。
あ~寒い。
自転車で映画館とか行ってられないよ。橋渡るのが寒すぎる!
観たかった『ベオウルフ』も終わってしまった。
でも続々と観たいやつが上映されてるので困る。

ベオウルフはもともと古英語の叙事詩で、8~10世紀ごろに書かれたらしい。
叙事詩は読む気にならないので、サトクリフ・オリジナルを読んだ。原書房、大好きだ。
イギリス文学だけど舞台は北欧(デンマークとスウェーデン)。
若いベーオウルフが、夜な夜な現れる怪物に悩まされている国に駆けつける第1部と、
その50年後に老いた身で竜退治をし力尽きる第2部から成り、一人の勇者の始まりと終わりを対構造で描いている。
2部の方はアーサー王物語にも通じるディティールが見られ、マロリーが影響を受けたに違いないなぁとも思った。(トールキンは言うまでもない)

勇者の割りに、ベーオウルフは謙虚で公正な人物として描かれている。
驕りがないとは言えないが、その分の理性がちゃんとある。
最終的には命を賭して民を守り、まさに理想の王として死ぬ。
そこに何か深いテーマがあるというわけでもないが、一人の男の生き様、始まりと終わりが描かれた冒険読み物として面白い。(強欲、母子といったテーマはサブかな、と思う)
サトクリフ・オリジナルなら読みやすいし話も短いので、3時間もあれば読める。
善き王のイデアというか、普遍的な冒険譚というか、そういうの。
本の値段が高い(1800円)ので、図書館で借りて読むのをお勧めするよ。
私は買ったけど。いいの、好きだから。原書房。

映画では「グレンデルの母」が妖艶な水妖って設定で美女アンジーが演じてるけど、
ここは映画オリジナル。
そんでもってこの水妖と後の災いは無関係なので、そこらへんの設定も映画オリジナル。
映画は映画として面白そうだ。
あぁ観たかった。美しいアンジーを観るだけでも価値がありそうだし。
早く暖かくならないかー。
[PR]
by neko-dama | 2008-01-15 18:00 | 猫の図書館/美術館

アーサー王は永遠に。

永遠の王 アーサーの書(上・下)

T.H.ホワイトのアーサリアン・レジェンド(アーサー王伝説)。
『永遠の王 アーサーの書』は4部構成になっているが、
幻の第5部「マーリンの書」が存在するのらしい。
残念ながら、私の持っている本には載っていない。
洋書"The book of Merlyn"をアマゾンしたので、そのうち読みます。
訳書は出ていないのかもしれない。原書房あたりが何とかしてくれないかな。

話のベースはマロリーの『アーサー王の死』に則っている。
しかしながら、キャラクターそれぞれの解釈は異なっているところが面白い。
例えば、ラーンスロットが醜男であったり、サー・ペリノアが滑稽だったり。
中には、自分の知っているアーサー王物語でのキャラクター解釈からズレていると不愉快になってしまう向きもいるだろうが、そこは”伝説”なんである。
舞台設定、話の筋、キャラクターいずれも如何様にでも解釈可能なのがアーサー王伝説の面白いところだと思う。

アーサリアン・レジェンドを知らなくても、物語として十分に楽しめるのも本書の魅力。
とはいえ、やっぱり少しは知っていたほうが何倍も楽しめるけど。
前半は突拍子もないファンタジーで、その奇天烈ぶりが非常に愉快。
魔術師マーリンは「時を逆に生きる」という無茶な設定で、本人でなくても頭がこんがらがるって。
あまり深く考えてはイケナイんだと思う、こういうのは。
あとロビン・フッドと親交を深めたり、動物の世界に潜入したりする子供時代のアーサーが描かれている。

中盤は、サー・ペリノアとサー・パロミデス&グラモアの掛け合いが秀逸。
ペリノアは前半でも出てきて、その人柄の良さと滑稽さを存分に発揮していたので
ペリノアが出てくるだけでなんだか楽しい気分になる。ヘイル!
そのペリノア王の友人、パロミデスの口調がまた独特。
サラセン人だから言葉が覚束ない、という演出なのか、いちいち台詞が面白くてたまらない。
「あなたの真実の友、腹になります。そうして以下のような声を出します。」
これは、クエスティング・ビーストに仮装しようと提案したパロミデスの言葉。
覚束ない言葉を笑っちゃいけないけど、何とも言えないおかしみがあるのだ。

物語が終わりに向かうにつれ、マロリーのように悲壮になっていく。
奇天烈さはなりを潜め、アーサーその人が引き起こした悲劇へと流されていく。
アーサリアン・レジェンドの肝はモルドレッド(モードレッド、ミルドレッドとも)の存在だろう。
モルガン(モーガン)とアーサーの許されぬ息子である。
この悲劇の柱のために王国は滅ぶのだ。
バーナード・コーンウェルのアーサー3部作でも、形を変えて、そこは踏襲されていた。

ホワイトのライフワークとも言える本書は、マロリーを楽しく書き換えただけではない。
戦いの意味を人に考えさせる小説でもある。
割合に正統派のアーサリアン・レジェンドであり、読みやすいので、アーサー始めにも良いかもしれない。
本書を読んだ後、マロリーを読むのも良いし、ジェフリーやクレティアンを流し読むのも良い。
コーンウェルの3部作はかなり異色だけれど最高に面白いので、自分の中のキャラクター解釈が壊れても気にしない向きにはお勧め。
あと男臭くてハードで洗練されていない時代が好きな方にもお勧め。

過去の関連記事
[PR]
by neko-dama | 2008-01-08 13:57 | 猫の図書館/美術館

サウスバウンド読んだ。

映画になったやつ。映画は観てない。
サウスバウンド、文庫本上下巻。

上巻の舞台が中野ってことで、ちょっと懐かしかった。
下巻の舞台は沖縄のほう。
元・過激派の父親に振り回される小学6年生の、父親再発見&世界を見る目成長小説。

全体的にダラダラとしていて冗長、散漫な小説。
上巻の2/3を過ぎるまでは、面白くなってこない。
小説としては面白くない部類。
ただ、読後感は爽やか。

無国家主義的な主義主張は、それなりの筋道がたってナルホドと思わされるが、
それに習おうとは思えない。
元々、ひとつの生き方として極端に描いているだけで、これを良しとしているわけではないだろう。
また、子供の視点で描くことによって過激さをマイルドにし、
中立的になる点は成功していると言える。
だが反面、子供世界のエピソードが(大人世界の縮図としてシンクロしているとはいえ)、
話を散漫にしている印象。
ひとつひとつのエピソードは面白いのに残念な感じ。

最終的にこの父親に好感が持てるのは、群れないからだろう。
自然保護団体や左翼、右翼と組まない。
お前たちと一緒にしないでくれ、という態度。
そして、勝つことが大事なんじゃなく、最後まで闘うことが大事だ、と息子に言うところも良い。

個人の自由とは難しい。
国という枠、法律という枠の中で生きるしかなく、また、それらに守られてもいるんだから。
この父親ほど極端でなくても、私たちは時に国家を疎ましく思うもの。
国民年金?健康保険?放っといてくれよ!なんて、思うことは誰でもあるんじゃないかな。
国家のために何もしないかわりに、国家に何も求めない、という選択肢は
今の私たちに許されてはいないわけだ。自動的に国家の枠組みに組み込まれる。

でも悪いのは国家ではなく、上層部が搾取していることなんだろう。
でも中国4000年の歴史を見ても、権力側は搾取大好き。
富める者は更に富み、持たざるものは更に貧しくなる。
国家・権力というものに、どうしたって搾取はついてまわるんだろう。

こういう問題は難しくて一口には言えないものがある。
搾取はなくならないだろう。
だが、搾取されている、という事実を認識するだけでも良いんじゃないかな。

私はナンダカンダ言って、日本が好きだし、恩恵を受けているとも思う。
まぁ税金の使われ方に業腹だったりもするけど。

映画のほうはどうだったのかな?面白くまとまっていたのかな?
[PR]
by neko-dama | 2007-12-26 18:56 | 猫の図書館/美術館

きみは大将!

散良さんとこで知った『猫ラーメン』。
公式サイトで観れるアニメが面白かった。
1回2分半というコンパクトさが良いし、主人公・大将の変な声も良い。
で、なぜか毎回画風も演出も違い、笑ってしまう。
オープニング(毎回絵が違う)の歌がキャッチー過ぎて、呪われた!
ねこ~がラーメンをつ~くるー♪

大将の江戸っ子っぽさ&猫っぽさと、
それをぬる~く受け入れている常連客・田中さんの普通な感じが好対照。
大将以外の猫は4足歩行ってのも良い。
他の猫は喋らないし。あ、お父さんが喋ってたかしら。あれは猫語なんかな?

もともとの猫ラーメンは4コマ漫画で、今2巻までコミック出てるよ。
買っちゃった。
もう1冊スペシャルってのが出てるみたいだけど、アマゾンでは在庫なし。入荷の予定なし。
(上のサイトで買うと送料が500円かかってしまうー。)

アニメ版も漫画も、それぞれに面白い。
決してうまい絵ではないんだけど、可愛くて面白い。

今、gyaoの無料放送で1~5話やってるよ。
[PR]
by neko-dama | 2007-12-13 19:22 | 猫じゃらし