日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
薔薇no.36 ニュージーランド
c0034595_1544358.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

アオテアロア。白雲のたなびくところ。即ちニュージーランド。
夜空には南十字星が浮かびます。でも思ったよりこぢんまりした星座でちょっとガッカリ。
マオリ文化は素敵ですよ。ボーンカービングとか、教会とか、模様とか。

薔薇no.37 インカ
c0034595_1550058.jpg

(江戸川区総合レクリエーション公園 2009/5/17)

インカ帝国と言えば黄金のイメージ。なので黄色い薔薇はぴったりかも。
白人に滅ぼされた文明。この頃のスペイン人、ろくなことしない。

薔薇no.38 バレンシア
c0034595_15524047.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

そんなスペインの都市、バレンシア。
オレンジが有名なので、やっぱり薔薇もオレンジだね。どことなくフルーティーな雰囲気。
オレンジジュース、飲みたい。略すとオジュー。汚汁。きたない。

薔薇no.39 ベストファーレンパーク
c0034595_15551364.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

ドイツのべストファーレン公園のこと。ベストはウェストで西の意味。西ファーレン公園?
ドイツ語はかっこいいにゃー。

薔薇no.40 モリニュー
c0034595_15583856.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

イギリスのサッカースタジアム、モリニュー・スタジアムのこと。
スタジアムのオーナーに捧げた薔薇みたい。
そのうちヤフーとかグーグルなんて薔薇が出来るのかな。楽天、とか?薔薇にもネーミングライツとか?

薔薇no.41 アンブリッジ・ローズ
c0034595_1631698.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

英国のTVドラマ『アーチャー家の人々』の舞台である架空の町の名前にちなんで。
アンブリッジってケンブリッジに似てるよね。
架空の町がOKなら、キャメロットって薔薇もありそうですが。ないね。

薔薇no.42 グラミス・キャッスル
c0034595_1683198.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

スコットランドの村グラミス付近にある城。
『マクベス』の舞台ですね!
シェイクスピアにちなんだ薔薇の名前、結構たくさんあるみたいです。

ということで、次回はシェイクスピアを初めとした小説・戯曲にちなんだ薔薇図鑑になるよ。


《薔薇図鑑》
第1回 やんごとなき薔薇たち。
第2回 俳優・著名人の薔薇たち。
第3回 女性名前の薔薇たち。
⇒第4回 地名・場所の名前の薔薇たち。
第5回 文学の薔薇たち。
第6回 美味しそうな薔薇たち。
第7回 金とボーイとレディな薔薇たち。
第8回 見た目まんまの薔薇たち。
第9回 縁起の良い薔薇たちとオマケ。
[PR]
by neko-dama | 2009-06-02 16:11 | 猫のお出かけ
薔薇no.29 デインティー・ベス
c0034595_14501927.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

優雅なベス。ベスはエリザベスの愛称なので、また英国女王関係かしらと勘ぐったけど関係ないっぽい。
作出者が恋人の名前を付けたって説があるよ。ああ、やっぱり一重の薔薇が良いなぁ。

薔薇no.30 セクシー・レキシー
c0034595_14522969.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

魅力的なレキシー。セクシーって日本語だと性的魅力だけっぽい使われ方よね。
虫が一生懸命花に潜り込んでたよ。

薔薇no.31 マージョリー・フェア
c0034595_14535160.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

フェアは美しいの意味で、美しいマージョリー。
ブロンドのことをフェアって言うよね。それって、ブロンドは良いものだって考え方でしょ。
単語の裏には文化が見える。面白いね。

薔薇no.32 ローラ
c0034595_14542720.jpg

(江戸川区総合レクリエーション公園 2009/5/17)

朱色で、とっても薔薇らしい薔薇。
ローラといえば映画『ラン・ローラ・ラン』は面白かった。当時は斬新だったし、ポップな色遣いでドイツの街を走り抜ける感じが雰囲気あって素敵だった。

薔薇no.33 エスメラルダ
c0034595_1456656.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

女性の名前であり男性の名前でもあるようです。ポルトガル語、スペイン語で宝石のエメラルドを指す。
まあ、全然エメラルド色じゃないけど。

薔薇no.34 マチルダ
c0034595_1457161.jpg

(江戸川区総合レクリエーション公園 2009/5/17)

マチルダといえば『レオン』の少女。ナタリー・ポートマンは今も素晴らしく綺麗。
このピンクのふわふわした薔薇は、可愛らしいね。こういう薔薇が庭にあったら素敵。

薔薇no.35 ニコール
c0034595_14583234.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

キッドマン!きっと関係ないけど、ニコールといえばキッドマンですわよね。
最近はあんまり良い役やらないですね。『デッドカーム』は最高でした。


《薔薇図鑑》
第1回 やんごとなき薔薇たち。
第2回 俳優・著名人の薔薇たち。
⇒第3回 女性名前の薔薇たち。
第4回 地名・場所の名前の薔薇たち。
第5回 文学の薔薇たち。
第6回 美味しそうな薔薇たち。
第7回 金とボーイとレディな薔薇たち。
第8回 見た目まんまの薔薇たち。
第9回 縁起の良い薔薇たちとオマケ。
[PR]
by neko-dama | 2009-05-31 14:59 | 猫のお出かけ
薔薇no.14 ケーリー・グラント
c0034595_162127100.jpg

(江戸川区総合レクリエーション公園 2009/5/17)

『泥棒成金』、『フィラデルフィア物語』、『汚名』、『シャレード』などなどで大活躍の英国出身ハリウッド俳優。
同性愛疑惑が根強い彼、なんとも可憐でスマートな薔薇ですね。

薔薇no.15 ヘンリー・フォンダ
c0034595_16234086.jpg

(江戸川区総合レクリエーション公園 2009/5/17)

ハリウッド俳優一家の長ですね。ヘンリーの娘がジェーン、その娘がブリジット。
『荒野の決闘』、『怒りの葡萄』、『十二人の怒れる男』、『黄昏』と良い映画にたくさん出てます。

薔薇no.16 ジーナ・ロロブリジーダ
c0034595_16242818.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

'50年代に活躍したイタリア女優さん。
『花咲ける騎士道』しか見てないなぁ。ジェラール・フィリップ萌えなもんで。
しかしこの薔薇、ビラビラし過ぎ!派手な感じすなぁ。

薔薇no.17 マルコポーロ
c0034595_1626204.jpg

(江戸川区総合レクリエーション公園 2009/5/17)

『東方見聞録』って紀行文をじっくり読んだことはない。よく引用されているのを読むだけだにゃ。
一度読んでみたいけど、面白いのかな?

薔薇no.18 シャルル・ドゥ・ゴール
c0034595_16281022.jpg

(代々木公園 2009/5/16)

フランスの政治家で元・大統領。この薔薇、美しいな。
今じゃ国際空港とか道とか橋の名前になっていて、その人気のほどが窺えます。

薔薇no.19 ヘルムト・シュミット
c0034595_16285820.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

こちらはドイツの政治家。後に文化人として活躍した人。
日本の白洲次郎を思い起こさせるような、なんか型破りでスタイルのある人のイメージ。
あくまでイメージ。詳しくは知らん。エカテリーナの間でタバコを吸おうとして火をつけたとか。

薔薇no.20 ピカソ
c0034595_16311833.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

キュビズム!キュビズム!
初期の作品はいたって普通のデッサンだったけど、何があったのか凄い絵に変わったことで有名。
ピカー!ってそれはピカチュウ。(´・ω・`)

薔薇no.21 モーツァルト
c0034595_1632487.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

まさに聖子ちゃんの歌!ピンクのモーツァルト♪
こういう野薔薇系のが、好きだなぁ。わさわさ一重のが咲いてるのが可憐じゃあないですか。
苺っぽいから好きなのかも。

薔薇no.22 ローラ・アシュレイ
c0034595_16325876.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

英国のファッション・ブランドのアレですね。ブランド創設したのローラさん。
まさにローラ・アシュレイのブランド・イメージ的な薔薇ですよな。
これはかなり高さのある木みたいになっていたよ。流れるような咲きっぷりが見事。

薔薇no.23 チャールズ・レニー・マッキントッシュ
c0034595_16333822.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

アールヌーヴォー!スコットランドの建築家・デザイナー・画家。
椅子なんかが有名なので、きっと渡部さんは「座っても良いですか?・・・ん~気持ち良いねぇぇ。このまま眠りたくなっちゃう。」とか言うはず。

薔薇no.24 スーザン・デボイ
c0034595_16392519.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

ニュージーランドのスカッシュ選手。
薔薇の作出国ってフランス、ドイツが目立つけど、ニュージーランドもけっこうあるのね。
ガーデニング大国だからなぁ。
そういえばスカッシュって最初発音できなかった。スクゥォシュとか発音すんの。スカッシュて言っても通じない。

薔薇no.25 F.J. グローテンドルスト
c0034595_16344019.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

薔薇の作出者さんの名前を冠した薔薇。1918年作出。
といっても、この薔薇自体を作ったのはデゴイさんであってグローテンドルストさんとは別人。

薔薇no.26 ピンク・グローテンドルスト
c0034595_16355335.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

お。さっきのと色が違うね。で、こっちを作ったのがグローテンドルストさん。
1923年作出で、こちらは先ほどのヤツから分派したもの(枝変わり)。
ギザギザしてて良いですね。

薔薇no.27 サリー・ホームズ
c0034595_16364288.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

作出者がホームズさんなので、きっと家族の誰かの名前を付けたんだろう。
白い一重、かわゆす。こういう素朴な薔薇は本当に良い。

薔薇no.28 ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド
c0034595_1637354.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

作出者さんが、とある話に感銘を受けて付けた名前。
そのお話がこれ。若い将校フェリゴンド伯爵が傷を負い戦地に置き去りにされたとき、その妻ギスレーヌが危険を顧みず彼を救いに行き、手当をして連れ戻した。
なんと勇敢な愛の物語!なんと献身的な妻だろう!そして彼女は薔薇になった。ギリシャ神話みたい。

《薔薇図鑑》
第1回 やんごとなき薔薇たち。
⇒第2回 俳優・著名人の薔薇たち。
第3回 女性名前の薔薇たち。
第4回 地名・場所の名前の薔薇たち。
第5回 文学の薔薇たち。
第6回 美味しそうな薔薇たち。
第7回 金とボーイとレディな薔薇たち。
第8回 見た目まんまの薔薇たち。
第9回 縁起の良い薔薇たちとオマケ。
[PR]
by neko-dama | 2009-05-30 16:40 | 猫のお出かけ
今日は薔薇の写真だよ。
いつものデジカメでなくて、はにぃ様のお下がりの一眼を使って練習がてら薔薇を撮りに行ったよ。やっぱデジイチは違うなぁ。
長いから、全9回の連載となります。毎回テーマを変えて書きます。
第1回は、やんごとなき薔薇たちを集めてみました。

薔薇no.01 クイーン・エリザベス
c0034595_1693251.jpg

(江戸川区総合レクリエーション公園 2009/5/17)

やんごとないよね、英国女王。花は背が高くすーっと伸びていて女王っぽかったです。
ウインザー城でたくさん育てられているとか。王の城と薔薇園っていうと銀英伝思い出します。

薔薇no.02 ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ
c0034595_16142170.jpg

(代々木公園 2009/5/16)

同じく英国の、故ダイアナ元妃に捧げられた薔薇。
ダイアナのように美しくて可愛らしい。

薔薇no.03 プリンセス・ドゥ・モナコ
c0034595_16215120.jpg

(江戸川区総合レクリエーション公園 2009/5/17)

ハリウッド女優からモナコ公国王妃となったグレース・ケリーに捧げられた薔薇。
グレース・ケリーが妊娠したお腹をさっと隠したエルメスのバッグは報道されて有名になり、それを受けてエルメスはこのバッグをケリー・バッグと改名。商売うまいよね、エルメス。
そんなグレース・ケリーですが、交通事故で52年の生涯に幕を閉じました。
この薔薇は死後に発表されたもの。

薔薇no.04 キャロリーヌ・ドゥ・モナコ
c0034595_1634388.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

そのグレース・ケリーの娘であるキャロリーヌ王女に捧げられた薔薇。
お母さん薔薇とはだいぶ様子が違って、とがった感じですなぁ。

薔薇no.05 クイーン・マルガレーテ
c0034595_16374273.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

デンマーク女王マルガレーテ2世に捧げられた薔薇。
やっぱり王宮にはこの薔薇がわらわら咲いているのでしょうか?

薔薇no.06 シャリファ・アスマ
c0034595_16394798.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

オマーンの皇女に捧げられた薔薇。
なんかふわふわポムポムした花が可愛いですにゃー。
アラブっぽさはない・・・よね?いや、アラブっぽい薔薇ってどんなのかわからんが。

薔薇no.07 プリンセス・アイコ
c0034595_16443532.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

皇太子と雅子様の娘、愛子様こと敬宮愛子内親王の誕生記念に名付けられたそうです。
プリンセス・マサコ、プリンセス・ミチコという薔薇もあるよ。家族で薔薇。バラバラ。

薔薇no.08 ザ・プリンス
c0034595_16473159.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

ざっくりと、ザ・王子と名づけられた薔薇。深い紫色とびらびらさ加減が高貴っぽい。
発音できない名前になった歌手のプリンスは関係なさそうですね。

薔薇no.09 メルヘンケニギン
c0034595_16502385.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

ドイツ語で、おとぎ話の女王さまの意味。
堂々とした大輪の花が上を向いて咲いている様子が、女王様っぽいといえば女王様っぽい。

薔薇no.10 シュネービッチェン
c0034595_16535934.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

ドイツ語で白雪姫の意味。一応姫だから、やんごとないかと思って。
庶民的な小さめで可愛らしい花をたっぷり咲かせる、愛嬌ある白薔薇。
私は大輪の派手なのより、こういう小さな薔薇が好き。

薔薇no.11 アルキミスト
c0034595_1657250.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

いや、これは別にやんごとなくないか。錬金術師です。
「気をつけろよ・・・。薔薇の。」とか言われるんだろうか。
パウロ・コエーリョの小説『アルケミスト』も良いよ。あれは素敵な作品だ。

やんごとなき薔薇たちは終了!おまけにあと2つ、花の名前の薔薇を。

薔薇no.12 エーデルワイス
c0034595_1703186.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

エーデルワーイス♪と歌いたくなるわね。
あの歌は高山植物のエーデルワイス(和名:ウスユキソウ)を歌ったものだけど、この薔薇はなんでエーデルワイス?
その答えは、ドイツ語で"高貴な白"という意味だから。紛らわしいよ。

薔薇no.13 フリージア
c0034595_1743754.jpg

(新宿御苑 2009/5/20)

旅立ちはフリージアだよね。
って、フリージアなの、薔薇なの、どっちなの?
フリージアのように香りの良い薔薇だから、フリージアと名づけたそうです。どんなセンス。


《薔薇図鑑》
⇒第1回 やんごとなき薔薇たち。
第2回 俳優・著名人の薔薇たち。
第3回 女性名前の薔薇たち。
第4回 地名・場所の名前の薔薇たち。
第5回 文学の薔薇たち。
第6回 美味しそうな薔薇たち。
第7回 金とボーイとレディな薔薇たち。
第8回 見た目まんまの薔薇たち。
第9回 縁起の良い薔薇たちとオマケ。
[PR]
by neko-dama | 2009-05-29 17:07 | 猫のお出かけ

日野祭の影で。

近江の国でのいろいろは、まだまだ楽しいことがありますのよ。

滋賀に、母に会いに。 ①ブルーメの丘は花盛り
滋賀に、母に会いに。 ②日野祭は古式ゆかしき

日野祭のときに観光案内所の奥でひっそり“しゃくなげ展”やってた。
c0034595_16261616.jpg
きれい!
小さなところで、鉢が20個くらい並んでいるだけのものだったけど、花は良いよね~。
c0034595_16274432.jpg
こんな薄紫色の石楠花もあるんですね!初めて見たお!
c0034595_16282461.jpg
もう花も終わりかけで元気ない感じでしたが。

そして、商店街をほっつき歩いていると、ショーウインドウに小さな兜を発見。
ガラス越しなので映りがおかしいのは大目に見てちょ。
純銀鯰(なまず)尾の兜。
c0034595_16303697.jpg
このへんの有名人蒲生氏郷公(1556年)の兜のミニチュアレプリカだそうな。しかもこれ、純銀て!
そこには説明書きが添えてあって。
c0034595_16363677.jpg
“蒲生氏郷公は銀の鯰尾の兜を愛用し、いつも自ら敵陣に切り込みました。新参の部下に対し、「我が軍には銀色に輝く鯰尾の兜をかぶって先陣を切って戦う者がいる。この者に負けないように働け。」と言っていたという有名な逸話があります。”
うほー!カッコイイ!ラインハルトさま!ビッテンフェルトさま!

更に歩くと、隣の商店街(?)に。日野ギンザから、しゃくなげ街道になった。
そこの街灯が! かんわいいの!
c0034595_16505450.jpg
しゃくなげ型の傘だよ。
こういう変わった街灯って、面白いね。

桟敷窓体験。
近江日野商人館。
滋賀に、母に会いに。 ③さよならの前に安土城趾
滋賀に、母に会いに。 ~番外篇~
[PR]
by neko-dama | 2009-05-09 16:51 | 猫のお出かけ
すっかり機会を逸して書き損ねたスノーシューや観梅の写真は、また後回しにして。

年に一度は母に会いに行きます。
今年もGWに行ってきました。
ちょうど日野祭(5/2~4)を堪能できるような日程で行けたので、ラッキーな今年。
来年は雛祭りの時期とか行けたら良いなぁ。

さて、新幹線は一ヶ月前に指定席をゲットしといたので行きは楽々。
母に米原まで迎えに来てもらって、日野の家に。
荷物を置いて、継父さんに挨拶してから、ブルーメの丘に行ってきましたよ。
農業公園、だそうです。そういうの、好きさ。
c0034595_13196.jpg
入園料は大人800円/子供400円。冬は大人400円/子供無料。
いろいろブルーメのサイトをあちこち確認してから行った方が良いです。
バターやソーセージを作る楽しそうな体験教室がたくさんあるけど前日までの予約制だしな。

エントランスからチューリップが花盛り!ちょうど一番綺麗な時期に来た!
c0034595_1321381.jpg
c0034595_132285.jpg
c0034595_1331850.jpg
各種チューリップだけでなく、パンジーやらも見事に咲いています。

だだっ広い敷地の中、母はさっさかさっさか歩いて行きます。
ゆっくり見たいー!とぶつぶつ言いながら付いてていく私と同居人はにぃタン。
ドイツとオランダの雰囲気に包まれた、気持ちの良い園内。ほのかに獣臭いのがまた現実的でよろしい。

ワイン樽?
c0034595_1371836.jpg
熊?もしくは山羊?頭にクルっと角があるように見える。
c0034595_1382273.jpg
山羊頭の飾りが四面に付いた噴水。なんか禍々しい。
c0034595_1384538.jpg
こちらは羊コーナー。広い草地が与えられているのに、割と人の近くの柵スレスレにいる。ニュージーランドでも柵に寄りかかって並んでる姿を見たんだけど、羊ってそういうものなのか?
c0034595_13113199.jpg
ちなみに角は切られていた。羊には角のある品種と、ない品種がいますの。
c0034595_13132855.jpg
この子、母に蹴られても(足でツンツンしてた)微動だにしなかった。ていうか、蹴るな。

乗馬体験コーナーもあって。パドックを半周させてもらえるらしい。ポニーと普通サイズの馬と選べます。
c0034595_13154368.jpg
馬が目の前でやおら立ち止まって、ブリブリと大量の糞を落としていきました。写真の手前にあるのが、ソレ。悪趣味でごめんなさい。
でも、こういうザックバランな感じ、好きさ。

あと、牛の搾乳体験が出来るゾ!
c0034595_13182594.jpg
といってもこの日は混雑のため、早々に予約完売。やってみたかったなぁ。
少し離れたところに牛舎があるので、行ってみた。
c0034595_1322912.jpg
全部で10数頭いて、仔牛も1頭いたよ!可愛いけど撫でるともれなく長い舌で手を舐められます。
写真は立派なチチに感動して撮った。

ウサギコーナーもあった。触れないけどね。
c0034595_13204748.jpg
その後ろ肢はなんだ、ケシカラン!可愛いじゃないか!

一番楽しみにしていたワンニャンランドは、このときワンワンランドになっていました。
ので、入らなかった。ニャンの方はなぜか今時期出してないとか。
冬は冬でワンニャンランドそのものがやってないのらしいよ。なんじゃそりゃ?
でもそのワンニャンランドの近くで1匹の猫を発見。
c0034595_133626100.jpg
東屋のテーブルの上で寝そべってた。
で、子供達が弄りまくり。なのにまったく気にする様子もなく寝ている。というか寝たふり?
この子は園内をブラついてるマスコット猫のイオン君だそうです。
c0034595_13381546.jpg
やっぱり猫は身近な人気者よね。取り囲まれてたよ。
c0034595_1339299.jpg

他にも人なつこい三毛猫がいた、と母が言っていましたが、この日は会えませんでした。
残念。

最後にチューリップの花畑を散歩。
c0034595_1342884.jpg
母は、疲れたからエントランスで待ってる、と言って去っていったよ。
いやあ、チューリップってこんなに様々なんだなぁと思いましたね。
富山県在住のサイズ君ちゃまのブログのチューリップ図鑑は、現在500種を超えていますね。
でも写真で見るのと実物を目にするのではやっぱり違いますよね。こんなに!感が。
チューリップ好きな方にはサイズ君のブログをオススメ。
 ⇒サイズ君のチューリップ図鑑

サイズ君と違って私は名前も知らないので、写真だけになりますが見ていってちょ。

割合オーソドックスなチューリップかな。深い赤が綺麗。
c0034595_1350983.jpg

逆さにしたらチューリップハット。
c0034595_1350594.jpg

これこれ!超綺麗だった!なにこのスリム体型!と、絶妙な色合わせ!これなに?
c0034595_13514393.jpg
c0034595_13524369.jpg

なんとなく紫キャベツっぽい。
c0034595_1353514.jpg

白くてしっかり肉厚な花。
c0034595_13534613.jpg
上から見ると、三角だ!
c0034595_13543544.jpg

こちらも白い花だけど、より純粋に白い。いやあ清らかだ。
c0034595_13562628.jpg

そしてその花の中には、花粉にまみれた虫が捕らわれているのでした。
c0034595_1358152.jpg

まるでボタンみたいな咲き誇りっぷり!見事!としか言いようがない。
c0034595_13553496.jpg


一通り見終わって、出口に向かうと。
母がベンチに座って待っていました。木で出来た陽気なお友達と一緒に。
c0034595_148157.jpg
どうもお待たせしました。

滋賀に、母に会いに。 ②日野祭は古式ゆかしき
日野祭の影で。
桟敷窓体験。
近江日野商人館。
滋賀に、母に会いに。 ③さよならの前に安土城趾
滋賀に、母に会いに。 ~番外篇~
[PR]
by neko-dama | 2009-05-07 14:00 | 猫のお出かけ

桜とか。

ということで、巻き戻し月間。
3/29に行った新宿御苑お花見ピクニックの写真をアップップ。

種類によって咲具合が全然違うのよね。この木は早咲きの種類だったらしい。満開。
c0034595_9363851.jpg


c0034595_9383558.jpg


幹から直接出てる花が妙に好きです。可愛らしい!
c0034595_9394162.jpg


これは見事な源平桃。紅白が入り交じった花が美しい。梅で言ったら“思いのまま”。
c0034595_9403763.jpg


源氏平氏は紅白。花が紅かったり。
c0034595_9424878.jpg


白かったり。外人さんがゲンペー・・・モモ?って呟きながら、にこやかに記念写真撮ってました。
c0034595_9432451.jpg


そろそろ緑もきれいな季節。
c0034595_9454152.jpg


しだれ桜も満開。降ってくるような花。
c0034595_9462813.jpg

c0034595_9473883.jpg


こちらはピンクの濃いしだれ桜。
c0034595_9481665.jpg

c0034595_9521383.jpg


花びらの色味の違うものが隣り合って植えられていて、きれいでした。
c0034595_9531812.jpg


まだ咲いていない薔薇園には、あらゆる品種が植わっています。
これはニコール。キッドマンを思い出しながら眺めたり。
c0034595_9541827.jpg


薔薇の名前って面白いですよね。
[PR]
by neko-dama | 2009-04-13 09:58 | 猫のお出かけ

梅と猫。

猫強化月間、とか言っといて更新止まってますね。まあそんなもんだ。

今日の主役。
c0034595_181053100.jpg


梅の花の下でふがふがしてる猫。旨いものでも落ちてるん?
c0034595_18114449.jpg


てけてけ。梅林を早足で歩く猫。
c0034595_18123585.jpg


水に散った花びらも綺麗ね。
c0034595_18133121.jpg


猫ににやける人も。
c0034595_18135526.jpg


御飯を狙って、老夫婦に近寄っていく猫。なぜか正面から忍び足。
c0034595_1814516.jpg


破顔して何かを猫にあげているご夫婦。恐る恐る近づく猫。
c0034595_1815484.jpg


たくさん人がやって来る梅の季節は、猫にとっては美味しいものがもらえる時期なんだね。アグレッシブにあちこち歩き回っていた猫さんでした。
[PR]
by neko-dama | 2009-02-07 18:18 | 猫じゃらし

2月だから。

猫、強化月間!

c0034595_1115473.jpg

あ、間違えた。

お耳が見えますよ。
c0034595_1123645.jpg


お手入れに余念がない。4年かけてする。
c0034595_1132475.jpg


あ、気づいて近づいてきた。
c0034595_1135140.jpg


にぱーっ!
c0034595_114789.jpg

[PR]
by neko-dama | 2009-02-03 01:14 | 猫じゃらし
八ヶ岳りべんじ。―その1
八ヶ岳りべんじ。―その2

更に続きにして完結です。

横岳山頂を後にし、硫黄岳に向かいます。
25分もすると、行く手に山荘が見えまんた!
右手に見えるは~硫黄岳山荘~。
c0034595_12313090.jpg

8:30 山荘の前を通過し、ぐいっと左にカーブする長い長い登り坂を進みます。
石がゴロゴロ、岩岩した歩きにくい足場が一帯に広がっています。
方向は身長よりもずっと高いケルンが教えてくれるので、見失わずにすみます。
続く、続くよ~ケルンは続く~♪
c0034595_1235422.jpg

9:00 延々登ってやっとこ山頂!(2656m)
息切れしながら記念撮影。
c0034595_12364184.jpg

天気のよい休日だけあって、たくさん人がいましたよ。

そして火口あたりがやっぱり富士山ぽい。
c0034595_12383348.jpg

硫黄岳山頂から見た雲海。近いよね。
c0034595_1243820.jpg

雲だまりと、雲なし地域がハッキリ分かれているのが見えた。なんとも素晴らしい光景。
c0034595_12442519.jpg

ここまで、大体予定表オンタイムで進行。とても余裕を持った時間配分で作ったのだけど、それで丁度良いってのもワシ登るの遅いにゃあ。

あとはもう戻るだけ!
硫黄岳を後にして、赤岩の頭へと向かいます。
途中、来た道が向こう岸に見えたよ。
右端のほうに硫黄岳山荘。そこからケルンがポコポコしてる登り道を歩いて山頂に出た。
c0034595_1250449.jpg
橋でも架ければ近道なのに、などと冗談を言い合ってみたり。こえぇよ!

9:20 赤岩の頭に到着。あちこち分岐してます。
c0034595_134376.jpg

あと、土が白いの。ああそうか!向こう岸から白く逆三角に見えた場所か!
横岳山頂近辺より望む赤岩の頭。写真左側の白い部分。
c0034595_1303523.jpg


ここからは樹々に風を遮られてのモワっとした道。暑いよ!でも足元には霜柱があったりして。
そんな森の中を下ります。

10:20 予定より大分早く赤岳鉱泉に到着。
やっぱり下りは早いや。暖かいし疲れたしお腹も空いたので小休憩。15分ほどお休んだ。
したら、行者小屋に戻るために中山乗越。
私、この道好きくない。辛いんだもん。へっぽこだもん。

11:20 行者小屋に帰還。
待望のランチタイム!
いくら好天で日差しが暖かいとはいえ、山の空気は冷たい。
歩くのをやめると、どうしたって体が冷えるのよね。
だもんでダウンジャケットを着込んでいたよ。
ラーメンその他を食べてテント撤収&荷物まとめ。

12:10 出発。来た道と同じ、南沢をガンガン下っていくよ。
真昼の森の中。木漏れ陽が気持ち良い。
c0034595_13183828.jpg

明るい陽射しと、樹の陰が織り成すタペストリー。夕陽の時とはまた違った顔。
c0034595_13195028.jpg

若木が密生して絨毯になっている。クルクルして可愛いのぅ。大きく育てよぅ。
c0034595_1321424.jpg

c0034595_13225652.jpg


向こうの山の黄金色も昨日とは違った景色。
c0034595_13242364.jpg


途中の沢にかかった丸太渡りでヘッピリヘッピリ。昨日よりも水が増えてて怖さ倍増!
北沢なら、沢を渡る回数は無限に感じるほど多いながらも、橋がしっかりしてるから怖くないんだがー。いや、それでも数箇所は怖いとこあるけど。橋ではなくて、流れスレスレきわきわを歩かねばならん場所が怖いんよ。

14:20 美濃戸山荘に到着。
なんかもう足が疲れて上がらなくなってるのよね。思ったより足が付いてきてなくて躓いたりとか。
あと私、9月の始め頃に捻った右足の内くるぶしがまだ微かに痛い。酷使すると痛みが蘇るっぽい。それを庇って歩いていたから右脛まで変な痛みが!右足が死んでるー。

まあ、もうちょっとだから頑張れ。

どうせ次のバス(14:56発)には間に合わないので、ゆっくり休憩してからゆっくり歩いたよ。
やまのこ村のお向かいのお店で胡麻ソフトクリームを買って、歩きながら食べたら美味しかった。
甘くて瑞々しいものが食べたくなるのよね。グレープフルーツ砂糖掛けとか食べたい。

15:45 美濃戸口到着。
バスは16:31発。それまでコーラ飲んだり、身支度したりしながらノンビリ日向ぼっこ。
最後まで晴天は続き、非常に素敵な山行でした。
ああグッタリ疲れきった。茅野駅で1杯黒糖梅酒呑みながら夕飯食べたら良い気分。

また来年、行きたいと思います。
山の神様、また良いお天気にしてください!
[PR]
by neko-dama | 2008-10-24 13:44 | 猫のお出かけ