日々の身繕いでイツノマニカ体内に生成される毛玉のハナシ


by neko-dama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

猫なで声。

母がなつめさんを可愛がっている。
膝が痛くて腫れていて、湿布貼って、あまり足を動かさないようにって医者に言われているのに。
積極的に猫を追いかけたり、かくれんぼぅしたり、撫で回したり、抱き上げたり。

「なつめさ~ん!な~つめさ~ん!ん?んん??なぁ~にやってんの~?」
と、これぞ猫なで声なんである。
c0034595_1854260.jpg
うざいにゃー! うるさいにゃよぅ。
なつめさんは遊んでもらって嬉しいのと、ちょっと煩いなぁと困った感じの雰囲気。
猫のアンビバレンツかわゆす。

「なつめさ~ん!あら!そこにいたのぉー?あっはっはっは!」

母は楽しそうに猫と遊んでいる。
声をあげて笑い、猫をからかって愉快そうにし、おもちゃで猫を誘って、もう夢中。
その姿を見て、あぁ親子だなぁ、と実感する私です。
[PR]
by neko-dama | 2007-10-27 18:10 | その日暮らし

台風の目がくる。

金曜に母(滋賀在住)が上京します。

という、予定だったんだけど、一昨日になって。
「やっぱり土曜に行くわ。」

という、予定だったんだけど、昨日の夜になって。
「金曜に行くから。○時×分に東京駅に迎えに来て。」

という、予定です。今のところ。

今回の用事は2つ。
1つは、兄の結婚式。
日曜の正午からだそうです。
あまり、行きたくないんですけど、まぁ、仕方ないですね。
新郎の家族って、私と母だけだから。
親戚もいないし。

もうひとつの用事。
年に一度のお墓参りに行きます。
これは山形まで。
それから仙台の叔母にも会いに行きます。

東京にいるあいだの宿は、我が家。
実家(母が購入、所有、固定資産税払ってる)は、兄夫婦の城になってしまったので、
母を泊めてくれないそうです。
なんだかなぁ、な感じですが。
母の気持ちを考えると、ね。

そんなこんなな今日この頃です。
[PR]
by neko-dama | 2007-10-25 23:59 | その日暮らし

どんぐりと枝と思い出。

歩いてたら、どんぐりが頭に落ちてきた。 痛い。

今日も良い天気だ。

7年ほど前、お伊勢詣りに行ったことがある。
母と、当時の母の旦那と、私の3人で。
車を置いて、仲見世のようなところを歩いた。
しょうが糖を試食しながら歩いて、緑の茂るお宮のほうへと。

母が・・・。
[PR]
by neko-dama | 2006-11-07 13:57 | その日暮らし

わかるんだけど。

母がやって来た。

うちから最寄の駅に着き、エレベーターに乗って一言。

母のそもさん。
「これ、シャンドラーじゃないよね?」

私のせっぱ。
[PR]
by neko-dama | 2006-09-15 22:54 | その日暮らし
秋の雨ですね。
猫の毛皮がびしょ濡れです。

金曜に母が来ます。
滋賀から新幹線でぶわ~っと。
あぁ・・・負けるな、あたし。
あの妙なパワフル生命体に飲み込まれないように。

そして、兄が結婚します。
交際1ヶ月足らずですが、そういうことになったのらしいです。
いやぁ、良かった。
誰ももらってくれないと思ってましたからね!
というわけで、土曜に顔合わせです。
私としては、物陰からコソッと観察していたいのですが、そういうわけにもいかないようです。

そんなこんなな今週の予定でした。

さて。
鴨川シーワールドで買ってきたものの話です。

これは??
[PR]
by neko-dama | 2006-09-13 20:29 | 猫じゃらし

珍客。

私には、2つ上の兄がいる。

私が6才の頃、両親が離婚し、母子家庭で育った私たち兄妹。
母の恋人とも同居していたが、私たち兄妹にとって彼の存在はとても微妙なものだった。
だから、兄妹ふたり、絆が強かったのかもしれない。
兄は、私の面倒をみたり、一緒に遊んだりして小さい頃は仲が良かった。

でも、私が小学校4年生から3年間、全寮制の施設で生活するようになり、
兄も高校生になったら全寮制の高校に入ってしまったりで、
一緒に住まなくなった。
そして思春期の照れなのか、あまり話すこともなくなっていった。

そして、時はどんどん経って。
私が大学2年生になり、
母は離婚後(たぶん)二人目の恋人と壮絶に別れた。
兄は高校入学以来ずっと寮で生活し、このときはもう働いていて独身寮に入っていた。

家族のバラバラさ加減が一層強まり、
私は、当時の彼氏のアパートに転がり込み、家には寄り付かなくなった。
夜通しバイトして、朝1,2時間仮眠し、大学に通い、夕方2、3時間仮眠し、また働いた。
学費と生活費を稼ぐのにいっぱいいっぱいで、
同居の彼に「最近Pちゃんの寝顔しか見てないな」ってぽそっと言われて
切ない思いをしたりしていました。

そして、その頃母は、もう恋はたくさんとばかりに、再婚相手を探し始めた。
今後の生活の安定を何よりも重視し、お見合いを繰り返した。
何人かとは、うまくいきそうになって、別れて。
そうして、やっとシンガポールに勤める人と、結婚を前提の付き合いをするようになった。
だから、観光ビザで1ヶ月シンガポールに行っていたと思ったら、
家に帰ってきて、また1週間もすると機上の人となった。

当時住んでいた家は、母の念願の一軒家。
足りない頭金を出してくれた足長おじさんのおかげで、郊外に一軒家を持つことができたのだ。

そんな家の状況を見て、
寮生活の兄が、家に誰もいないなんて無用心だろう、と家に住むことになりました。

私がたまに家に寄ると、今ではすっかり無口で、疲れた顔の兄と会うこともあった。

また少し時が経ち、
私は大学を卒業して働いて、1つ下の彼氏が就職活動も落ち着き、同居したアパートを引き払うこととなった。
彼は会社が始まるまでは田舎に戻り週に1回くらいコチラに出てくる。会社が始まってからは寮生活。
私は、家に戻った。

家に戻ると、兄と二人暮らしだ。
たまに母が帰ってくる。
兄とは、思春期以降すっかり疎遠で、ぎくしゃくとした関係だ。
兄にしてみれば、私は好き勝手やっていてワガママに映っただろう。
私にとって兄は、気難しくて神経質で、自分のスタイルを押し付けてくるウザイやつだった。

兄と二人の暮らしは、窮屈で苛立ちを禁じえない、いやなものだった。
会話も事務的なことのみ。
炊事・洗濯はそれぞれが勝手にやった。
(兄のスタイルでやらなくては口うるさいので、私は私の分しかやらなかった)
掃除は、兄のほうがきれい好きでマメなため、ほぼ兄がやっていた。
私は、家にいるときは、なるべく自室にひきこもって過ごした。

そうして、また時が経ち。
現在は、私はアパートを借りて気ままに暮らしている。やっと3年目だ。
母は、シンガポールの人とは再婚したものの、5年ほどで離婚し、
今は滋賀県で再々婚してのんびり暮らしている。もう4年目だろうか。

兄は、気ままな女性陣から解放されて、いまは家にヒトリ住んでいる。
35歳、独身、家付き、車もち、親ナシ。

その兄から、今晩珍しく電話があった。
兄が私に電話をくれるのは、家をでてから初めてか、2度目か。
何かと思ったら、私宛にメール便が届いているから、今から届けに来るという。
実家と私のアパートは、車なら10分ほどの距離なのです。

兄と会うのは、久しぶりで。
緊張する。

冷蔵庫に残っていたアップルマンゴーを切って、出す。
冷たいものは野菜ジュースしかない、というと、水で良いと言う。
先月買い換えた車について、ルノーとメガーヌ、メガネ、などと話をする。
仕事は来月から休めないほど忙しい、と顔をしかめてみせる。

すると。
あ!郵便物を忘れてきたよ!
と、兄。

フフ、まぁいいか。

小1時間、兄との時間がもてて、
私はなんとなく、微笑みながら車を見送った。
[PR]
by neko-dama | 2006-08-04 23:49 | その日暮らし

ブログ。

先日、母から電話があった。

最近の私はちょっと病んでいるので(精神的にも肉体的にも)、電話にでないこともしばしばなのだが今回はちゃんと電話を受けた。

ちょうど、すごい雷が連続して鳴り響いていたので
「うわっ!すごいよ、雷・・・」
と弱気に言うと。

「あーそうそう、そっち、雷鳴なるっていってた!」
と母。
「雷鳴なる・・・」思わず鸚鵡返す私。
言葉使いが、なんとなしファニー。

母の好奇心。
[PR]
by neko-dama | 2006-06-02 09:08 | その日暮らし
今までのお話↓。
3都物語。① ~大阪食い倒れられない記~
3都物語。② ~京都めぐり・午前~
3都物語。③ ~京都めぐり・午後~

滋賀県の日野です。
[PR]
by neko-dama | 2006-05-18 14:56 | 猫のお出かけ
お久しぶりでっす。
3都物語から帰ってきましたPです。

大阪では、食い倒れることもママナラナイ人ごみと行列に辟易しました。
でも、猫9体と巡り合い、1体は小走りに近寄ってきて猫パンチをくれました。
可愛いのぉ・・・。

京都では、土地の友人のおかげで美味しい昼食と京都御所ツアー。
その他いろいろは、また今度の話。

滋賀(日野)では、大雨。おとなしく家中でのんびりしていました。
母は、相変わらず、元気でした。
駐車場で、何度となく逆走し、指摘しても意に介さずに笑っていました。

お継父さんは、昨年よりも痩せてしまって弱っていたのが心配です。
そりゃ、この1年で2回も背骨折っているので、腰や背中の筋肉が落ちてしまったのでしょう。
座布団に座るのが辛いようで、ヒトリ椅子に腰掛けていました。

帰宅してweb回遊して思ったこと。
[PR]
by neko-dama | 2006-05-09 19:10 | その日暮らし

ごまかし。

昨日、写真の整理していたら・・・ついつい眠りに落ちてしまったの。

でもって、本日夜に、我がマミーa.k.a.恐怖の大王が舞い降ります!!!
そんなわけで、今夜はビートイット・・・じゃなくて、デナーなんですよ。
そして、デナーはPとPマミーとP彼(交際2ヶ月ちょっと)の3人でシメヤカに執り行われる予定。

和食で、P家に近いお店がいいーとか言うマミー。
それに対し、全然P家に近くないイタリアンを予約したP。

噛み合った親子だと思う。


そんなわけで、今夜、鬼が寝静まった頃に毛玉を吐きますよ。
ちなみに、山梨ちょっ旅の初日にお世話になったフブキさんが、一足お先にレポってくれました。
どうぞ、↓こちらもお楽しみくださいな。
フブキさんの日記。
[PR]
by neko-dama | 2005-08-26 12:19 | その日暮らし